beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖が“報告とお願い”を発表、竹原社長「私の辞任を含めて検討しております」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サガン鳥栖は20日、ユニフォームスポンサーの決定と今後の経営体制に関するお知らせを発表した。2020シーズンの残り試合は、木村情報技術株式会社、株式会社関家具、双日株式会社、双日商業開発株式会社がユニフォームスポンサーとして協賛するという。

 鳥栖は新型コロナウイルスの影響で、今年度の決算が10億円の赤字となる見通しが発表されている。クラブ公式サイトを通じ、竹原稔代表取締役社長は「この赤字の額を少しでも抑える事が今後のサガン鳥栖の運命を左右します」と危機感を露わにする。

 今季の見通しとして、コロナ禍の影響によりチケットやグッズなどの興行収入は8億円減、広告収入は2億円減となり、約10億円の赤字に。運営元のサガン・ドリームスにとってもJ1昇格以来、初めて負債総額が資産総額を上回る状態になるという。クラブライセンス上では、新型コロナ禍の影響で債務超過となってもライセンスは発行される特例があるが、竹原社長は「こうした状況を招いた経営責任を私自身、深刻に受け止めております」と伝える。

「今回、融資によって、当面の資金繰りは何とかつないでおりますが、来期ユニフォームスポンサーが獲得できない、無観客試合など開催が続き興行収入が見込めない場合は、資金難に陥り存続の危機を迎えてしまうことになります。また融資に関しては、返済をして行かねばなりません」

 鳥栖は今後、2023年度決算において債務超過を解消するために、売上増とコストダウンを積み重ねる必要がある。竹原社長はその現状を強調し、サポーターとスポンサー、そして行政にも協力を仰いでいる。

「返済額は非常に大きく、返済をしながら、サガン鳥栖を存続させるためには、来季のユニフォームスポンサーの獲得、そして、興行収入のV字回復が必要条件です。この度、ユニフォームスポンサーへご協賛頂いた企業様と、来季に向けても強い繋がりを継続して結べるよう対応して参ります」

「現在、サガン鳥栖の未来を護るために、私の辞任を含めて検討しております。それがサガン鳥栖の生き延びる道だからです」

「改めまして、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、行政の皆様のお力添えを借りてこの状況を乗り切っていけたらと心から願います」

 鳥栖は来シーズンのシーズンチケット「ドリームパスポート」が11月25日から販売されることを発表している。

全文は下記から
http://www.sagan-tosu.net/news/p/5008/

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP