beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「守備の粘り強さで出してもらっている」主将に引っ張られ、桐蔭学園は桐光学園にリード許さず

このエントリーをはてなブックマークに追加

桐蔭学園高の右SB中島駿乃介主将が相手の攻撃を跳ね返す

[11.28 選手権神奈川県予選決勝 桐光学園高 2-3(延長)桐蔭学園高 ニッパ球]

 桐蔭学園高は2度のリードを奪いながら、2度追いつかれるという苦しい展開だった。だが、主将の右SB中島駿乃介(3年)は「チーム内で改善して、こういうキツイ戦いを勝ち切れたのは大きかったと思います」と胸を張る。

 2点目を失った後半15分以降は、押し込まれる時間も多い中でゴールを死守。特に桐光学園高のセットプレーは強く、町田内定CB奈良坂巧(3年)やCB荒井ジュリアン海都(3年)ら高さのある選手がゴール前に飛び込んできていた。

 桐蔭学園はCB青木祐人(2年)やCB片山楓人(3年)、中島らが身体を張って跳ね返そうとする。競り負けるシーンも増えていたが、折り返しをクリアしたり、シュートをゴールライン手前でクリアして見せるなど、集中した守りを継続。一度もリードを許さずに守り切った。

 中でも中島は、身体を投げ出してのクリアやシュートブロックなど仲間を奮い立たせるような守備。身長は決して高くないものの、自身よりも大柄な選手に立ち向かって行き、渡り合っていた。中島は「(自分は)守備の粘り強さで出せてもらっている。(その部分を)伝えていければと思ってプレーしていました」。主将の背中から感じ取った桐蔭イレブンは桐光学園相手に粘り強く守り抜き、白星を勝ち取った。

 中島は、後半15分に自陣からのロングパスでFW長澤圭剛(3年)の勝ち越しゴールをアシストするなど攻守両面で勝利に貢献。今夏、「もっともっと練習して神奈川県は選手権一発しか無いので、そこの優勝へ向けてまたより一層周りの環境にも感謝して、取り組んでいければと思います」と語っていた主将は、仲間たちとともに優勝を喜んだ。

 中島は全国へ向けて「守備の部分をしっかりとやっていきたい」。粘り強い守備ができた一方、得点後すぐに失点したシーンや崩されたシーンがあったことも確か。粘り強さもよりレベルアップさせて全国に挑む。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP