beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖からも正式発表…DF岩下敬輔が現役引退「負けんなよ、社長!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サガン鳥栖は30日、DF岩下敬輔(34)が今季限りで現役を引退することを発表した。クラブの発表に先立って、自身のインスタグラム(@iwashita924keisuke)で引退を表明していた。

 岩下は鹿児島実高から05年に清水エスパルスに入団し、7年半プレー。ガンバ大阪やアビスパ福岡を経て、19年に鳥栖に加入したが、今季リーグ戦の出場は1試合にとどまっていた。クラブを通じて、以下のコメントを発表している。

「今シーズンをもって引退します。サガン鳥栖では3試合もスタメンのチャンスを貰えたにも関わらず力になれず、本当に申し訳なく思っています。サポーターの皆さん、鳥栖には無限の可能性を秘めた選手が沢山います。その選手を生かすも殺すも、クラブ、サポーター、選手本人、すべてのものが大切なので、その可能性をしっかり後押しして、言葉にして伝えてあげてください。そうすれば皆さんの大好きな第二の、高橋義希、豊田陽平がでてくると期待しています。

 鳥栖がいつの日かチャンピオンクラブになれる事を信じて応援しています!
 輝綺しっかりやれよ!
 竜之介初ゴールおめでとう!
 義希さん若いやつに負けんなよ!
 ありがとうサガン鳥栖!

 最後に、竹原社長、選手達はわかっているよ、こんなにとんでもない額の自分のお金をつかってまで、サガン鳥栖を、最高のクラブにしたいと誰よりも思ってることは。負けんなよ、社長!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP