beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシをきっかけに問い合わせ殺到…マラドーナの伝説ユニが27年ぶり再販へ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューウェルズ・オールドボーイズのユニフォームが再販

 アルゼンチン1部リーグのニューウェルズ・オールドボーイズは2日、11月下旬に亡くなったディエゴ・マラドーナさんに敬意を表し、クラブ在籍時に着用していたユニフォームのレプリカの販売を世界中で開始することを発表した。

 マラドーナさんは11月25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で心臓発作で亡くなった。60歳だった。サッカー界のスターの死を受け、世界中から黙祷が捧げられ、多くのメッセージが発信された。アルゼンチン代表でバルセロナのFWリオネル・メッシもその一人だ。

 メッシは自身のInstagram(@leomessi)を更新し、次のようなメッセージを送った。

「すべてのアルゼンチン人にとって、そしてサッカー界にとって、とても悲しい日だ。彼は僕たちのもとを去っていくが、いなくなるわけではない。ディエゴの存在は永遠なのだから」。

「僕は彼と過ごしたすべての美しい瞬間を記憶にとどめている。この機会に彼の家族と友人にお悔やみを伝えたいと思う。ご冥福をお祈りします」。

 そして、11月29日に行われたラ・リーガ第11節オサスナ戦(○4-0)でチーム4点目を決めたメッシ。ゴール直後に上着を脱ぐと、亡くなったマラドーナさんが過去にプレーしたニューウェルズ・オールドボーイズ時代のユニフォーム姿になり、同氏を追悼するパフォーマンスを行った。

 クラブによるとそのパフォーマンスが引き金となり、ユニフォーム購入に関する問い合わせが殺到。27年ぶりに再販売を決断したようだ。

 クラブは「ニューウェルズは1993年のユニフォームを世界に向けて販売します。ディエゴが着用し、リオネル・メッシが先週の日曜日にオマージュで使用した、すべての人々の記憶に刻まれたユニフォームを手に入れることができます」と発表。1993年と同じデザインで、ヤマハやザネッラなど当時のスポンサーのロゴも再現されたユニフォームはアルゼンチンをはじめ全世界で購入が可能だという。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP