beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ミズノチャンピオンシップU-16」で名を上げた快足ドリブラー、藤枝東MF中村朔良

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤枝東高の快足ドリブラー、MF中村朔良

[12.21 ミズノチャンピオンシップU-16決勝 藤枝東高 1-3 静岡学園高 時之栖うさぎ島G]

「2020 ミズノチャンピオンシップU-16」で名を上げた一人が藤枝東高の快足ドリブラー、MF中村朔良(1年=H&A FCジュニアユース出身)だ。そのスピードと攻撃力は、視察した年代別日本代表スタッフやJクラブスカウト陣も関心を寄せたほど。決勝でも「瞬間的な速さは他の人に負けない自信がある」という一瞬の加速力で相手にとって怖い存在になっていた。

 大会MVPの静岡学園高右SB谷岡拓(1年)とのマッチアップは見応えがあった。谷岡が中村に十分な間合いを与えないように工夫した守備。それでも、中村は駆け引きしながらスプリントして相手の前へ入ろうとしたり、相手の足を止めてからエンドライン際を突破しようとしたりしていた。

 中村はカットインからシュートを放ったり、クロスを上げきるシーンもあったが、突破を含めた回数を増やせずに不満の表情。3日間で5試合目ということもあって状態は万全ではなく、「(準優勝に終わり、個人としても)上手く動けなかったので悔しかったです。自分もドリブルに関しては自信があったので、スピードじゃなくても抜ける自信はあったので、仕掛けようと思っていたんですけれども……」と唇を噛んだ。

 中学時代はアンカーやSBなど様々なポジションを経験。高校ではSHで勝負する。今大会初日はスピード、ドリブルでインパクトを残し、2日目は意識してクロスの質を向上。決勝後には「一番大事な試合で自分の持ち味が発揮できなくて、まだまだ体力を付ける必要がある」と悔しがったが、自信を得る大会にもなった。

 スピードだけに頼った選手になるつもりはない。「このあとみんなの身体がついてきたら自分がスピードだけじゃ抜けなくなると思うので、切り返しとかメッシ選手とかのように細かいタッチで抜けていくことが必要」。判断の質や細かな技術力を向上させて、より自分の強みを発揮できる選手へ。守備面のレベルアップも必要だ。そして、もっともっとチームに貢献できる選手になって、目標の全国制覇をこの3年間で実現する。

(取材・文 吉田太郎)

TOP