beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

藤枝東は「ミズノチャンピオンシップU-16」準優勝。Aチームで先発のMF出水はリベンジと日本一誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡の名門、藤枝東高は「2020 ミズノチャンピオンシップU-16」で準優勝

[12.21 ミズノチャンピオンシップU-16決勝 藤枝東高 1-3 静岡学園高 時之栖うさぎ島G]

 静岡の名門、藤枝東高は「2020 ミズノチャンピオンシップU-16」で準優勝。予選リーグで前評判の高かった大津高(熊本)を2-0で破るなど“死のグループ”を1勝2分で首位突破すると、準決勝で関西リーグ全勝Vの東山高(京都)を3-1で破り、決勝へ駒を進めた。

 決勝は静岡学園高(静岡)にボールを握られる時間が増えたが、奪い返した際には丁寧なポゼッションと両翼の突破力を活かして対抗。帰陣の速さや、グループでの守りなども含めて好勝負を演じた。

 0-1の後半10分には自陣でパスを10本以上繋ぐと、縦パスを起点にMF砂押解世とMF出水志耀が個人技で相手の守りを打開。最後はFW井藤璃人が右足で決めて同点に追いついた。技術力やスピード、強さなど各選手が持ち味を表現していたが、試合終盤の連続失点で惜敗。“日本一”には手が届かなかった。

 今年、Aチームで1年生レギュラーを務めた出水(WYVERN知多SC出身)は、同世代の選手たちについて自己主張できる部分と、私生活を含めた意識の高さを特長に挙げる。今大会は彼らが主体性を持って戦い、成長しながら決勝へ。小林公平監督は選手たちが成長したことを認めた一方で「全国で勝ち抜くためにはもっとやらないといけない」と求めていた。

 今大会、出水は負傷明けだったこともあって大会2日目からの出場。決勝はガス欠覚悟で前半から飛ばして見事なサイドチェンジや強引な突破での同点アシスト、セカンドボールの回収も見せていたが、本人は「後半自分たちの時間が作れた時にもっと前に行って怖い選手になれたと思います」と悔しがる。

 この1年間で守備の立ち位置や球際の強さをレベルアップ。スルーパスや左足のプレースキックは自信を持っている。だが、小林監督も指摘したように、Aチームでプレーしてきた選手として、より中心選手としてのプレーをすること。本人もその部分を反省し、「もっと自分のプレーで味方を楽にしたり、試合を決めれるようになっていきたいと思っています」と誓っていた。

 MFフレンキー・デ・ヨングとMFケビン・デ・ブルイネが憧れの選手。彼らのようなボールを運ぶ力や試合を決める力を身につけていく意気込みだ。そして、仲間たちとともに日本一へ。「日本一目指して集まってきているのでそこはブレずに、(県予選ではこの日敗れた)静学とかが相手になってくると思う。そこはリベンジという形で勝っていきたい」。自身の将来の可能性を広げるためにもさらなる成長と結果を残すことを目指す。

後半9分、藤枝東高はMF出水志耀が同点アシスト

(取材・文 吉田太郎)

TOP