beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レワンドフスキがキャリア通算500ゴールの快挙! サッカー史上伝説級“点取り屋”の仲間入り果たす

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWロベルト・レワンドフスキ(左2)がキャリア500ゴールを達成

 バイエルンは24日のブンデスリーガ第18節でシャルケに4-0の快勝。FWロベルト・レワンドフスキは後半9分にチーム2点目を決め、キャリア通算500ゴールに到達した。

 レワンドフスキは1-0で迎えた後半9分、最後方からのロングフィードに反応し、相手守備陣の裏でトラップ。相手のプレスも体を張ってボールをキープすると、一瞬の隙を突いてゴールに流し込んだ。この得点で、レワンドフスキは今季リーグ戦23得点目。2位のFWアーリング・ホーランドやFWアンドレ・シウバと9点差となった。また、クラブ公式サイトによると、ブンデス初となるアウェー戦8試合連続得点、シャルケ戦11試合連続得点という記録も生み出している。

 昨季のFIFA年間最優秀選手賞にも輝いたレワンドフスキは、この得点でさらなる偉業も成し遂げた。キャリア通算500得点達成は現役選手で現在4人目。ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド(760得点)、バルセロナFWリオネル・メッシ(719得点)、ミランFWズラタン・イブラヒモビッチ(542得点)に続く、稀代のストライカーとなった。

●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP