beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビッグクラブ行きの可能性もあった内田篤人「パリSG、アーセナル、バレンシア…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ時代の内田篤人

 元日本代表DF内田篤人が、DAZN(ダゾーン)の番組『やべっちスタジアム』の中でビッグクラブに移籍する可能性があったことを明かしている。

 内田は『やべっちスタジアム』の中でMCのお笑い芸人・矢部浩之とSP対談を実施。現役時代の裏話について語り、様々なクラブに移籍する可能性があったと明かしている。内田は「シャルケに行く前にも(他クラブからのオファーが)ありましたね」と切り出す。

「ローマとウィーン…。僕海外サッカー全然見ないので、シャルケを知らなかったんですよ。僕はローマに行くものだと思っていたんですけど、チャンピオンズリーグに出られるのがシャルケだったので、代理人が選んだんですよ」

 また、シャルケで頭角を現した後には、「パリSGありましたわ!」と“告白”。それ以外にも欧州を代表するビッグクラブから話があったようだ。

「あとはバレンシア。バレンシアは本当に一番リアルで、監督か会長が日本に来て『話をしないか?』と。アーセナルも噂レベルではありましたね。ただ、ブラジル・ワールドカップで日本代表も僕もあまり良くなくて、話がなくなりました」

 結局、シャルケのアイコンとなり、ドイツで長く過ごした後に日本でキャリアを終えた内田。何かが異なれば、違うキャリアを送る可能性もあったのかもしれない。
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP