beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「あんなんしたら俺は…」内田篤人氏が現役日本代表のプレーを“辛口解説”

このエントリーをはてなブックマークに追加

内田篤人氏がDF吉田麻也のプレーを解説

 内田篤人氏が自身の冠番組『Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME』で日本代表時代のチームメイトであるサンプドリアDF吉田麻也のプレーを“厳しくチェック”した。DAZNの公式ツイッター(@DAZN_JPN)がその場面を動画で伝えている。

 番組で取り上げられたのは、14日に行われたセリエA第22節のフィオレンティーナ戦(○2-1)だった。内田氏はセンターバックで先発フル出場した吉田のサイドバックへのパスに注目している。

 最初に映像で流されたパスはバウンドして味方に届き、「あー! もう浮いてるわ、もうボールが。あんなんしたら俺は…」とダメ出し。続くシーンでは弱めのパスとなり、「このパスも緩いから。もっと足元にパンッと! 麻也、見てるよ。俺はちゃんと」と語りかけた。

 一方、エンドが変わった後半に自陣から左サイド前方へピンポイントのロングフィードを通した場面では、盟友に称賛の言葉を送っている。「これは良かった。このサイドチェンジは良かった」。近くにいた鳥たちが一斉に飛び立った様子にも触れ、「ほら、鳥も喜んでるわ。祝福してるね」と周囲の笑いを誘った。

 これを受け、吉田は自身のツイッター(@MayaYoshida3)で反応。「今でもボテボテパスをする度に先輩に怒られるんじゃないかって頭をよぎります」と明かし、「こういったプレー毎に切り取って解説、アドバイスしたら面白いと思う!勉強になります!」と内田氏へメッセージを送った。


●海外組ガイド
●セリエA2020-21特集

TOP