beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デレ・アリがオーバーヘッド弾含む1G2A!! トッテナムが2戦合計8-1でELベスト16進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

1ゴール2アシストの活躍を見せたMFデレ・アリ

[2.24 EL決勝T1回戦 トッテナム4-0ボルフスベルガー]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第2戦が24日に行われ、トッテナム(イングランド)はホームでボルフスベルガー(オーストリア)を4-0で撃破した。2試合合計スコアは8-1。圧勝でベスト16進出を決めた。

 敵地での第1戦を4-1で制していたトッテナムは前半10分に早くも先制。DFマット・ドハーティがPA手前右からクロスを送ると、中央のMFデレ・アリがトラップから右足のオーバーヘッドシュートを放ち、見事にゴール左隅へ沈めた。

 後半5分には左サイドのアリが右足で正確なクロスを供給し、ファーのFWカルロス・ビニシウスが頭で叩き込む。さらに同28分、アリの連続アシストからFWガレス・ベイルが左足の豪快なシュートを決めて3-0とすると、同38分には相手のミスを逃さず、ビニシウスが決定的な4点目をマークした。

 試合はそのまま4-0で終了。この結果、2戦合計8-1としたトッテナムがベスト16に駒を進めた。

●ヨーロッパリーグ(EL)20-21特集
●プレミアリーグ2020-21特集

TOP