beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎Fが開幕4連勝!! レアンドロ・ダミアン2戦ぶり2発で徳島に快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎Fが開幕4連勝

[3.10 J1第3節 川崎F2-0徳島 等々力]

 J1第3節が10日に行われ、等々力陸上競技上では川崎フロンターレ徳島ヴォルティスと対戦し、2-0で勝利した。FWレアンドロ・ダミアンが2ゴールを挙げ、川崎Fは開幕4連勝を飾った。

 ホームの川崎Fは仙台戦(○5-1)から6人をスタメンに戻し、3トップはMF家長昭博、MF三笘薫、レアンドロ・ダミアン。一方、ダニエル・ポヤトス監督不在で甲本偉嗣ヘッドコーチが指揮を執る徳島は神戸戦(△1-1)から2人を変更し、DF鈴木大誠はJ1初先発となった。[スタメン&布陣はコチラ]

 立ち上がりから川崎Fが試合を支配し、幸先良く先制に成功した。前半12分、三笘からPA内左でパスを受けたレアンドロ・ダミアンは右足ワンタッチから低い弾道のシュートを突き刺した。川崎Fの攻撃に晒された徳島だったが、37分にファーストチャンス。FW藤原志龍が絶妙なスルーパスを通すと、右サイド深い位置からDF吹ヶ徳喜が折り返したが、ファーサイドに飛び込んだFW垣田裕暉は惜しくも合わせられず。すると、次のチャンスを川崎Fが仕留めた。

 前半42分、最前線からプレッシングをかけ続けたレアンドロ・ダミアンが高い位置でDF安部崇士のパスを奪取。PA右手前ですぐさま右足を振り抜き、GKの上を抜くミドルシュートでネットを揺らした。2-0で前半を折り返すと、川崎Fは後半立ち上がりからダミアンのオーバーヘッド、田中のヘディングシュートと決定機を迎えれば、徳島もCKからチャスを創出した。

 後半19分に両ベンチが動き、徳島は垣田を下げてFW河田篤秀を投入。川崎Fは3枚替えを行い、FW小林悠、MF橘田健人、MF塚川孝輝をピッチに送り込んだ。互いに交代カードを切って次の一点を目指したが、このまま試合終了。開幕から2試合連続ドローだった徳島は0-2で敗れ、今季初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP