beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

G大阪、1か月遅れのホーム開幕戦…福岡とスコアレスドローで初得点&初白星は次節以降に持ち越し

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボールを運ぶガンバ大阪MF福田湧矢

[4.7 J1リーグ第8節 G大阪 0-0 福岡 パナスタ]

 J1リーグ7日、第8節を開催し、パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪アビスパ福岡が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアが動かずに0-0のドローに終わった。

 3月上旬から続いた新型コロナウイルスの集団感染により6試合が中止となったG大阪は、前節・広島戦(△0-0)で再開後初の公式戦を行い、この日は1か月遅れのホーム開幕戦に。広島戦から先発5人を入れ替え、FW宇佐美貴史、FWレアンドロ・ペレイラらを先発起用。一方、アウェーの福岡は前節・札幌戦(●1-2)から先発6人を入れ替え、この一戦に臨んだ。

 前半13分にG大阪がゴールに迫る。MF小野瀬康介が送ったロングボールに走り込んだL・ペレイラが相手と入れ替わって、PA内まで侵入。距離を詰めたGK村上昌謙までかわそうとしたが、村上に触れられたボールをコントロールし切れずにフィニッシュまで持ち込めなかった。

 その後は両チームともに相手守備を攻略し切れず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続く。前半アディショナルタイムにはPA内でボールを受けた宇佐美が左足の鋭いシュートでゴールを強襲するも、村上に弾き出されてしまいネットを揺らすには至らなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、同18分に福岡が好機。右サイドからDF湯澤聖人が送ったクロスから、PA内でフリーになったFW渡大生がヘディングで狙ったが、シュートはゴール右に外れた。

 両チームともに選手交代を行い、状況を打開しようと試みたが最後までゴールは生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。この試合で今季3試合目を消化することになったG大阪の、初ゴール&初白星は次節以降に持ち越しとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP