beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

エル・クラシコ勝者は“5バック”で耐え抜いたR・マドリー!! 勝ち点でもバルサ追い抜き暫定首位浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWカリム・ベンゼマが先制点

[4.10 ラ・リーガ第30節 R・マドリー2-1バルセロナ]

 ラ・リーガは10日、第30節を各地で行い、レアル・マドリーバルセロナが対戦した。序盤のうちに2ゴールを奪ったレアルがバルセロナの追撃をかわし、2-1で勝利。今季の通算勝ち点でも上回って暫定首位に浮上した。

 今節未消化のアトレティコ・マドリーが勝ち点66で首位を走る中、バルセロナが同65、レアルが同63の勝ち点2差で迎えたエル・クラシコ。レアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウの改修が続いているため、史上初めてエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノで伝統の一戦が開かれた。

 ホームのR・マドリーは欧州CLリバプール戦(○3-1)から中3日での大一番。基本システムは4-3-3を採用した。最後尾にGKティボー・クルトワを置き、4バックは右からDFルーカス・バスケス、DFエデル・ミリトン、DFナチョ・フェルナンデス、DFフェルラン・メンディ。 3センターはMFカゼミーロ、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロースが務め、3トップは右からMFフェデリコ・バルベルデ、FWカリム・ベンゼマ、FWビニシウス・ジュニオールを並べた。

 対するバルセロナは3-4-3のシステム。GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがゴールを守り、3バックは右からDFオスカル・ミンゲサ、DFロナルド・アラウホ、DFクレマン・ラングレ。ウイングバックは右にMFセルジーニョ・デスト、左にDFジョルディ・アルバが入り、ダブルボランチはMFフレンキー・デヨングとMFセルジオ・ブスケツ。3トップにはFWウスマン・デンベレ、FWリオネル・メッシ、FWぺドリが入った。メッシは負傷欠場のDFセルヒオ・ラモスに並び、史上最多タイ45試合目のクラシコとなった。

 試合は前半から見どころの多い内容となった。まずは前半4分、バルセロナに決定機。ライン間で縦パスを受けたメッシが持ち上がって左サイドに展開し、J・アルバがグラウンダーでのクロスボールを送った。ゴール前にはデンベレが詰めていたが、ここはクルトワがセーブ。その後も高い位置からプレッシャーをかけたバルセロナが優位に試合を運んでいた。

 それでも迎えた前半14分、スコアを動かしたのはレアルだった。人数をかけたブロックでメッシの突破を阻むと、カウンターからバルベルデが右のハーフスペースを打開し、カットインから右サイドに展開。これを受けたL・バスケスがグラウンダーでのクロスを送り込むと、ニアサイドに走り込んだベンゼマが右足ヒールでトリッキーに決めた。

 その後もバルセロナがボールを保持するが、バルベルデが最終ラインに吸収される変則5バックのレアル守備陣をなかなか打開できない。すると前半27分、レアルはビニシウスがペナルティエリア際でしかけ、アラウホに倒されてFKを獲得。キッカーのクロースが低い弾道のキックでゴールを狙うと、デストの背中に当たったボールが軌道を変え、ゴールマウスに吸い込まれた。

 2点リードとしたレアルは前半34分にも、相手を引き込んでのカウンターから左サイドをビニシウスが突破。エリア際で右サイドに渡すと、持ち上がったバルベルデが右足で狙った。ところがこれは左ポストにヒット。跳ね返りを狙ったL・バスケスのシュートはテア・シュテーゲンに阻まれ、3点目とはならなかった。

 レアルは直後、ブスケツと交錯したL・バスケスが膝を負傷。復帰したばかりのDFアルバロ・オドリオソラが投入された。その後はバルセロナが決定機を連発。前半45分、メッシの右コーナーキックが左ポストを直接叩くと、アディショナルタイムにはデンベレのCKからメッシが左足で狙った。だが、ここはクルトワが横っ飛びセーブを見せ、レアルの2点リードでハーフタイムを迎えた。

 バルセロナは後半開始時、デストに代わってFWアントワーヌ・グリエーズマンを入れ、システムを4-3-3に変更。風が吹き荒れる難しいコンディションとなった中、引き続き主導権を握った。すると同15分、左サイドを攻め上がったJ・アルバがクロスを送ると、ニアサイドでグリエーズマンがスルー。後方から走り込んでいたミンゲサが右足アウトサイドで決め、1点を返した。ミンゲサはクラシコデビュー戦での初ゴールとなった。

 その後は一進一退の攻防。バルセロナがJ・アルバの攻撃参加でチャンスを広げると、レアルはビニシウスのスピードを活かしたカウンターでゴールを狙った。後半26分、バルセロナはメッシの攻め上がりから途中出場のMFセルジ・ロベルトが右につなぎ、ミンゲサが狙うもわずかに枠外。直後、D・アラウホに代わって18歳のMFイライクス・モリバを投入した。

 対するレアルは後半27分、ベンゼマ、ビニシウス、クロースの主軸を一気に下げ、FWマリアーノ・ディアス、DFマルセロ、MFイスコを投入。4日後の欧州CLリバプール戦を意識した起用法に打って出た。

 後半30分過ぎ、風雨に寒さを見せていたメッシがインプレー中にユニフォームを着替える珍しい光景も。そして同45分には、カゼミーロがエリア際でミンゲサを倒し、2枚目のイエローカードで退場となった。しかし、このFKはメッシがクルトワに阻まれると、ラストプレーのアラウホのシュートもクロスバーに直撃。最後まで耐え抜いたレアルが2-1で勝利した。クラシコの通算対戦成績は98勝52分96敗。開幕前には並んでいたが、シーズンダブルで再びリードが広がった。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP