beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

敵地でグッズを掲げるなどの行為が散見…鳥栖が注意喚起&違反者には処分を科す場合も

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥栖が試合観戦マナーとルールの厳守を呼びかけた

 サガン鳥栖は26日、アウェー戦における試合観戦マナーとルールの厳守を呼びかけた。

 クラブによると、24日に味の素スタジアムで開催されたJ1第11節・FC東京戦(○2-1)は、「まん延防止等重点措置」に基づいて「ビジター席の設置なし」「ビジターチームを応援するファンは来場できない」とアナウンスされていたが、鳥栖のグッズ等を掲げるなどの行為が散見され、鳥栖の応援をしていると思われるファンがスタンド内に見受けられたという。

 クラブは改めて「国内でも緊急事態宣言が再発令される中、アウェイ試合観戦につきましては、主管クラブの観戦マナーやルールを厳守いただきますよう、ファン・サポーターの皆様には強くお願いいたします」とし、「主管クラブの『運営管理規定』および『Jリーグ新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』に抵触する行為が判明した場合は、当該行為を行った者に対し、処分を科すことを検討するなど厳正に対応させていただきますので、改めて観戦マナーやルールの厳守にご留意くださいますよう、重ねてお願いいたします」と注意を喚起した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP