beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]前橋育英同期の活躍に刺激。法政大FW飯島陸が期す大学ナンバーワンフォワードへの挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

法政大の10番、FW飯島陸(4年)はスタメンで戦線復帰

[5.15 関東大学L1部第6節 順天堂大3-1法政大 東金]

 高校時代の同級生が次々とプロ入りを決めていく中で、もちろん自分もという想いは常に抱えている。「自分もプロにならなくてはいけないというか、そういう立場の選手になりたいですし、そこは自分が近い所で一番目指しているものなので、強く意識しています」。法政大の10番を託されたストライカー。FW飯島陸(4年=前橋育英高)の決意は固い。

 ようやくケガから戦線復帰したばかり。先週の天皇杯東京都予選決勝に登場すると、この日はスタメン起用。最近チームが採用し始めている4-1-4-1の1トップの位置に入り、リーグ戦としては今季初めてのピッチに姿を現す。

「チームとして4-1-4-1をやり出したばかりなので、まだ自分に入った時のサポートが少ないなと感じていて、4-2-3-1だとトップ下のポジションがいるので、そこと関係を作りながら回避できるんですけど、シャドーとの関係はまだ良くないなと自分でも思います」。なかなか周囲との連携が合わず、ボールを呼び込めないまま、後半12分に途中交代。チームも1-3と敗れており、悔しいリーグ復帰戦となった。

「コンディション自体は悪くないと思うんですけど、今日の試合は守備に追われて、そこから攻撃に切り替わった時に、前で収めるプレーや抜け出しがそこまでできていなかったですし、自分が抜け出した時の味方との関係が、練習ではできていた所が大きかったんですけど、試合になったら難しい部分があって、そういう所は改善したいですね」。反省が多く口を衝くものの、課題は明確なだけに、ここからの改善へトライするために前を向く。

 大学でも一緒の田部井涼(法政大)は横浜FC。角田涼太朗(筑波大)は横浜F・マリノス。五十嵐理人(鹿屋体育大)は栃木SC。後藤田亘輝(青山学院大)は水戸ホーリーホック。高校選手権で日本一を勝ち獲った前橋育英時代の同級生が次々とJリーグ入団内定を決めていくことについては、「普通に嬉しい気持ちがありますね。自分がプロに行った時も対戦する機会があると思うので、凄く楽しみですし、嬉しいです」と言及。特に先日、J2リーグ第12節のツエーゲン金沢対水戸ホーリーホックの一戦で実現した“直接対決”はしっかり映像でチェックしたという。

「(渡邊)泰基もゴールを決めていましたし、ゴトゥー(後藤田)もアシストしていたので、一緒にやっていたヤツが活躍するのは嬉しいですし、刺激になります。泰基のゴールの時にゴトゥーがかわされたのを見て、『ああ、ゴトゥーやられちゃった』と思ったんですけど、その後にゴトゥーも自分のアシストでしっかりチームを勝たせましたし、そういうふうに頑張っていることは嬉しいですね」。

 大学組より一足先に、高卒でJリーグの世界へ飛び込んだ金沢の渡邊泰基松田陸が、特別指定選手として右サイドバックでスタメン起用された水戸の後藤田と対戦した試合を見て、「あの舞台に立ちたい」という想いがより強くなったことは、想像に難くない。

 その目標を実現するために、自身を客観視しながら、ここから強化するべきポイントも見定めている。「抜け出しの部分は自分の強みだと思うので、そこはどんどん出していかないといけないですよね。プロに行ったら体格も一回り違うと思うので、『体を当てたらアイツは大したことないな』と思われないように、身体の強さはもっと上げていくべきですし、プロはシンプルに上手さが違うと思っていて、そこがまだ自分には足りない所なので、努力していきたいです」。

 大学生活最後の1年となる2021年に懸ける決意も力強い。「ここから結果を出し続けて、大学サッカー界では一番のフォワードぐらいの存在になりつつ、チームはしっかり五冠を達成できるチームを、4年生と一緒に作っていけたらいいなと思います」。

 飯島が心の中に秘める、大学サッカー界ナンバーワンフォワードへの挑戦。10番を背負った頼れるエースが、ようやく法政に帰ってきた。

(取材・文 土屋雅史)
●第95回関東大学L特集

TOP