beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アトレティコ優勝の立役者L・スアレス、皆が笑顔の中で一人泣く「バルセロナに見限られたけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

涙を見せたFWルイス・スアレス

 21日のラ・リーガ最終節、アトレティコ・マドリーは敵地ホセ・ソリージャでのバジャドリー戦に2-1で勝利し、2013-14シーズン以来、通算11回目の優勝を果たした。この試合で逆転ゴールを決めて優勝の立役者となったのは、FWルイス・スアレスだ。

 前半にバジャドリーのゴールを許してしまったアトレティコだが、後半にFWアンヘル・コレアが同点弾を決めると、その次にL・スアレスが逆転ゴールを記録。ウルグアイ代表FWはMFセルジ・グアルディオラのパスミスを拾ってペナルティーエリア内左に侵入し、左足のシュートでネットを揺らした。前節オサスナ戦(2-1)に続いてL・スアレスがスコアをひっくり返したアトレティコは、ビジャレアルに2-1で勝利したレアル・マドリーとの勝ち点2差を維持して、7年ぶりの優勝を果たしている。

 試合後、ピッチ上で喜び合う選手たちは、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューに次々と笑顔で応じていく。だが、L・スアレスだけは様子が違った。昨季、バルセロナで戦力外扱いとなり、アトレティコでラ・リーガ優勝を果たした同選手は声を震わせ、涙を流しながらこう語ったのだった。

「今、自分の頭には多くのことがよぎっている。こんな出来事を体験するなんて、ね。僕は今季、(バルセロナに)見限られてシーズンをスタートさせた。アトレティコはそんな自分に扉を開いて、自分がまだやれると示せる機会を与えてくれたんだ。だから、彼らにはずっと感謝をし続けることになる。妻や子供たちをはじめ、多くの人々が僕に寄り添ってくれた。フットボールをもう長年やっているけど、今季が一番苦しんだよ」

 L・スアレスは21得点を決めて今季ラ・リーガを終えた。

「バルセロナに自分の価値を証明した? 自分の仕事はチームを助けること、ストライカーとしてゴールを決めることだ。アトレティコは多くの困難がありながらも、それを乗り越えてきた。僕たちこそが最高のチーム、もっと安定したチームであることを示したんだ」

「このラ・リーガは特別だ。自分が苦しんできたことからね。自分の成績ははっきりしている」

「シーズン前半戦、僕たちの勢いは普通じゃなかった。後半戦になってから効果的なプレーができなくなってしまったけどね。チームは苦しむための心構えがあったし、僕たちは苦しみながら王者となったんだ」

 また、親友であるバルセロナFWリオネル・メッシについて問われると、こう返している。

「彼も喜ばしく思っているはずだ。僕たちは友人で、彼は僕の幸運を祈ってくれていた」

 L・スアレスはこのインタビューの後、芝生の上に座り混んでスマートフォンを通じて家族と会話を交わし、また涙が止まらなくなっていた。

●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP