beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安、久保らと…横内監督が積極的に個別ミーティング、U-24日本代表がジャマイカ戦に向けてリスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話を重ねるMF堂安律(ビーレフェルト)と横内昭展監督

 U-24日本代表は6日、12日に豊田スタジアムで開催されるジャマイカ代表戦に向け、福岡県内でトレーニングを開始した。

 前日のU-24ガーナ代表戦ではオーバーエイジのDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)の3人が先発。約1年半ぶりの合流となるMF堂安律(ビーレフェルト)や約3年ぶりの合流となるDF冨安健洋(ボローニャ)など、U-24世代の海外組も集結し、現時点でのベストメンバーが顔をそろえ、6-0の快勝を収めた。

 翌日のトレーニングではガーナ戦の先発メンバーと、3日のA代表戦で先発出場し、ガーナ戦でも後半途中から投入されたDF板倉滉(フローニンゲン)の12選手が軽めの調整。ランニングなどで汗を流して練習を切り上げた。なお、冨安は別メニューで調整を行っている。

 ランニング中には横内昭展監督がMF中山雄太(ズウォレ)、FW上田綺世(鹿島)、板倉、MF田中碧(川崎F)、MF久保建英(ヘタフェ)ら選手一人ひとりと個別ミーティングを行い、ランニング後には堂安や吉田とも会話を重ねていた。また、中山と酒井、遠藤航と冨安、久保らがコミュニケーションを深めている様子も見受けられた。

 ガーナ戦でベンチスタートとなった選手はGKとフィールドプレーヤーに別れ、フィールドプレーヤーはボールを使ったトレーニングに移行。その後はDF古賀太陽(柏)がパスの出し手、右サイドのDF橋岡大樹(シントトロイデン)、DF菅原由勢(AZ)がクロスの供給役となったシュート練習へ。左サイドからの練習ではMF三笘薫(川崎F)とMF遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)がクロスの供給役となった。

 なお、練習途中からFW前田大然(横浜FM)、DF旗手怜央(川崎F)、DF町田浩樹(鹿島)の3選手は別メニューで調整を行っている。

 5月31日の合宿スタート以降、急きょ開催された日本代表戦を行い、悪天候の影響で飛行機が遅延するなど、ハードなスケジュールを過ごしてきた。しかし、次戦ジャマイカ戦はガーナ戦から中6日で開催されるため、準備の時間は十分。“最終選考”最後の一戦に向けてコンディションを上げていきたい。

(取材・文 折戸岳彦)
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP