beacon

前節首位撃破の秋田が今季初の3連勝!! 千葉は負傷交代相次ぎ連勝ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.14 J2第16節 千葉0-1秋田 フクアリ]

 J2リーグは14日、第16節を各地で行い、ブラウブリッツ秋田ジェフユナイテッド千葉を1-0で下した。前節で首位の横浜FCを破った秋田は今季初の3連勝を果たした。

 前半は千葉が一方的に主導権を握った。前半5分、MF高木俊幸の左CKにDF米倉恒貴が飛び込み、最初のチャンスを創出。同14分にはDF佐々木翔悟のクロスボールにFWチアゴ・デ・レオンソが合わせるも、枠を捉えることはできなかった。

 前半24分には秋田のゴールキックでアクシデント。千葉のMF熊谷アンドリューと秋田のFW中村亮太が空中戦で競り合い、両者ともに倒れ込んだ。熊谷は転倒の際に佐々木の膝が頭に当たって脳震盪の疑いがあり、その場でMF高橋壱晟と交代。中村も左足首を痛め、FW三上陽輔と交代した。

 試合はそのまま後半へ。すると後半28分、先に試合を動かしたのは劣勢の秋田だった。セットプレーを起点に波状攻撃を繰り出し、左サイドの深い位置でボールを奪うと、うまく抜け出したDF池田樹雷人が左足でグラウンダークロスを供給。ファーサイド寄りに飛び込んだ途中出場のFW吉田伊吹がワンタッチで押し込んだ。

 なんとか反撃に出たい千葉だが、後半40分にまたしてもアクシデント。秋田FW武颯の危険な足裏タックルを顔面付近に受けた高橋が肩の辺りを痛め、MF風間宏矢が投入された。前節の岡山戦で後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決めた高橋は無念の途中出場途中交代となった。

 試合はそのまま動かず、タイムアップ。秋田が3連勝の快進撃で9位に浮上した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP