beacon

JFAオフィスはトヨタ自動車東京本社ビルに移転へ!! 引き続き文京区に拠点

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サッカー協会(JFA)は19日、2023年の第1回理事会を開き、JFAオフィスの移転先としてトヨタ自動車東京本社ビル(東京都文京区)と賃貸借契約を行うことを決議した。

 発表によると、JFAオフィスは今年6月から同ビルの4〜7階を使用。現在のオフィスがあるJFAハウスと同じく文京区に拠点を持つことになる。

 JFAは昨年3月の理事会で、三井不動産レジデンシャル株式会社によりJFAハウスを売却することを決議。コロナ禍によって「保有する資産を有効活用できていない」ことを売却理由としていた。

 JFAは一昨年以降、日本代表の森保一監督ら現場スタッフは千葉市のJFA高円宮記念夢フィールドを拠点としている。須原清貴専務理事は同日のメディアブリーフィングで「複数拠点を持つことは働き方改革を進めたり、何かあった時のリスクヘッジ、リスクマネジメントにつながる」とメリットを挙げている。

 またJFAミュージアムの移転先は未定。須原専務理事は「ミュージアムは極めて重要。長い目線で必ず維持をしていく」とした一方で「どんな形でバトンを繋いでいくかは少し時間をかけて議論したい」と説明し、「今のままの体制で別のところに移すのか、デジタル技術を駆使して、来館者の方に見やすくしていくことも考えている。そうしたことも踏まえて、移転先、移転プロセスを議論する」と見通しを示した。

(取材・文 竹内達也)

「ゲキサカ」ショート動画

TOP