beacon

26年北中米W杯アジア2次予選の組合せ決定!! 日本は北朝鮮、シリアと同組

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2026年北中米ワールドカップ2次予選の組み合わせ抽選会を行い、日本代表はシリア、北朝鮮、ミャンマー対マカオの勝者と同じB組に決まった。

 2次予選は今年11月に開幕。ミャンマーとマカオによる1次予選は10月に行われ、ホーム&アウェーで戦での勝者が日本の対戦相手となる。

 北中米W杯では出場国が32から48に増え、アジア枠も4.5から8.5に増えることから、予選システムが大幅に変更。2次予選は各組4チームずつの9組で、ホーム&アウェーの総当たり戦が行われ、各組上位2か国が最終予選(来年9月に開幕)に進む。

 組み合わせ抽選の結果は以下のとおり。

▽B組
日本
シリア
北朝鮮
ミャンマーorマカオ

▼A組
カタール
インド
クウェート
アフガニスタンorモンゴル

▼C組
韓国
中国
タイ
シンガポールorグアム

▼D組
オマーン
キルギス
マレーシア
台湾or東ティモール

▼E組
イラン
ウズベキスタン
トルクメニスタン
香港orブータン

▼F組
イラク
ベトナム
フィリピン
インドネシアorブルネイ

▼G組
サウジアラビア
ヨルダン
タジキスタン
カンボジアorパキスタン

▼H組
UAE
バーレーン
イエメンorスリランカ
ネパールorラオス

▼I組
オーストラリア
パレスチナ
レバノン
モルディブorバングラデシュ

●北中米W杯アジア2次予選特集ページ

「ゲキサカ」ショート動画

TOP