beacon

カタールはセットプレー対策に自信も…藤田譲瑠チマが反論「僕らには優れたストライカーがいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF藤田譲瑠チマ

 U-23日本代表は24日、U23アジアカップ準々決勝の前日公式会見を行った。大岩剛監督とキャプテンのMF藤田譲瑠チマ(シントトロイデン)が登壇。大岩監督は「グループリーグを通して、いい準備をして試合に臨めた。引き続きいい準備をしていく。選手のモチベーションも高いので、そのうえで試合に向かっていきたい」と述べた。

 グループリーグを2勝1敗で終えた日本はB組2位で決勝トーナメントへ。準々決勝では2勝1分でA組首位の開催国カタールと対戦する。

 日本は開催国カタールという完全アウェーの戦いに臨む。だが、大岩監督はアウェーにも動じず。「プレッシャーはどの試合でもある。この大会にわれわれ日本チームとして、しっかりとした目的と基準を持ってきた。それをまずやる」と冷静さを見せた。

 海外メディアは日本の強みをセットプレーとしたうえで、カタールはそのセットプレーを研究していると質問。しかし、藤田は英語で反論する。「われわれの武器はセットプレーだけではない。なぜなら、われわれには優れたストライカーがいる」とFW陣への信頼をのぞかせた。

 無敗でグループリーグ突破を決めたカタールに対し、大岩監督はその勢いを警戒する。「カタールは勢いを持って試合に入ってくる。受けに回らないで積極的に攻守を行う。そういう意識のもとにゲームに入りたい」と戦い方を語った。

 今大会は上位3か国がパリオリンピック出場権を手にする。4位の場合は5月9日にフランスで行われる大陸間プレーオフでアフリカ予選・4位のギニアと対戦。日本は8大会連続の五輪出場と、8年ぶり2度目の今大会優勝を目指す。

(取材・文 石川祐介)

●AFC U23アジアカップ2024特集
●パリオリンピック(パリ五輪)特集
石川祐介
Text by 石川祐介

「ゲキサカ」ショート動画

TOP