beacon

中島元彦&菅田真啓で2発快勝! 仙台が2位の東京Vを破って2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.4 J2第19節 東京V 0-2 仙台 味スタ]

 J2リーグは4日、第19節を開催した。11位ベガルタ仙台は敵地で2位東京ヴェルディと対戦。2-0で勝利した。

 3戦無敗、2試合ぶりの勝利を狙う東京Vと4戦無敗、2連勝を目指す仙台の戦い。試合は前半16分にアウェイチームに先制のチャンスが訪れる。右サイドから攻撃を仕掛ける仙台は、FW中島元彦がボックス内右でパスを受けると、東京VのDF綱島悠斗に倒されてペナルティキックを獲得。そのPKを中島がゴールど真ん中に突き刺してリードを掴んだ。

 1点ビハインドとなった東京Vは前半21分、右サイドでパスを受けたFWバスケス・バイロンがカットインから左足を振り抜くも、ここはGK林彰洋がストップ。手前で味方に当たり難しいボールとなったが好反応を見せてゴールを死守した。一進一退の攻防となった試合は東京Vの1点リードのまま前半を折り返す。

 迎えた後半も立ち上がりから一進一退の攻防となると、東京Vは右サイドのバスケスがドリブルで好機を演出。対する仙台は、中島をターゲットに相手ゴールに迫った。それでも得点が生まれないまま時計の針が進むと、反撃に出たい東京Vは後半16分に2枚替え。バスケス、MF河村慶人に代えてFWマリオ・エンゲルス、MF齋藤功佑を投入した。追加点を狙う仙台も同18分に選手交代。中島、FW山田寛人を下げてMF遠藤康、FW中山仁斗をピッチへ送り込んだ。

 すると、後半22分に次のゴールが生まれる。仙台は右サイドでコーナーキックを得ると、遠藤が左足で入れたボールにニアサイドヘ走り込んだMF郷家友太がヘディングシュート。一度はGKマテウスに阻まれるも、こぼれ球をDF菅田真啓が詰めてリードを2点に広げた。

 反撃に出たい東京Vは試合終盤にかけて攻撃の手を強めるも、優位に進める仙台が奪取からボールをしっかりと握ってゴールを許さない。2-0のままタイムアップを迎え、2連勝を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集ページ

TOP