beacon

札幌、CB中村桐耶2アシストにFW大森真吾のJ1初ゴールで3発逆転!! FC東京はディエゴ15点目もホーム最終戦飾れず

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWディエゴ・オリヴェイラが2ゴール

[11.25 J1第33節 FC東京 1-3 札幌 味スタ]

 J1リーグは25日、第33節を各地で行い、北海道コンサドーレ札幌FC東京を3-1で破った。途中出場の23歳DF中村桐耶が2アシストの活躍を見せると、終了間際には順天堂大出身ルーキーのFW大森真吾がロングシュートによるプロ初ゴールでダメ押し。一方のFC東京はホーム最終戦を白星で飾れなかった。

 国際Aマッチウィークによる中断期間からのリーグ再開初戦。ホーム最終戦のFC東京はU-22日本代表のMF松木玖生とDFエンリケ・トレヴィザンが出場停止で、同代表のDFバングーナガンデ佳史扶もベンチを外れた。一方の札幌はU-22日本代表候補のDF馬場晴也が出場停止。GK菅野孝憲が12試合ぶり、MF宮澤裕樹が5試合ぶりに先発復帰した。

 試合は互いに攻め込む展開となったが、札幌はFW小柏剛、FC東京はFW仲川輝人が最初のチャンスを活かせず。それでも前半41分、FC東京が試合を動かした。ショートカウンターからMF原川力が縦につけ、FWアダイウトンがこれを落とすと、FWディエゴ・オリヴェイラが左足一閃。コントロールショットをゴール左隅に流し込んだ。D・オリヴェイラはこれがキャリアハイのシーズン15得点目となった。

 一方の札幌も後半開始時、DF福森晃斗とDF菅大輝に代わって中村とタイ代表MFスパチョークを投入。すると後半6分、この交代が奏功した。スパチョークからのパスを受けた中村がエリア内に鋭い縦パスを入れると、これに浅野が反応。左足ダイレクトで冷静に流し込み、同点ゴールが決まった。

 さらに札幌は後半12分、中盤で前を向いたMF駒井善成からの横パスを受けた中村がダイレクトに縦につけると、これに小柏が反応。スライディングシュートをゴールに流し込み、瞬く間に同点に追い付いた。中村は後半からの投入で2アシスト。ここ3試合は先発落ちしていたが、見事に結果を出した。

 札幌は後半30分、ゴール前の接触で負傷したDF岡村大八に代わって19歳のDF西野奨太を投入。西野はこれが今季2試合目のJ1リーグ戦出場となった。さらに同アディショナルタイム1分、浅野に代わって大森を投入。すると同4分、大森は飛び出したGK野澤大志ブランドンの背後にロングシュートを蹴り込み、プロ初ゴールを記録。これがダメ押しゴールとなって、逆転勝ちを収めた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP