beacon

山形がチーム最多13得点のチアゴ・アウベスら3選手と契約満了

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFチアゴ・アウベスがチームを去る

 モンテディオ山形は8日、MFチアゴ・アウベス(27)、FWデラトーレ(31)、MF河合秀人(30)と来季契約を更新しないことを発表した。

 T・アウベスは2022シーズンに山形に加入し、初年度はJ2リーグ34試合10得点を記録。今シーズンも30試合13得点で2シーズン連続で2桁得点を挙げていた。

 クラブ公式サイトを通じ、T・アウベスは「新しいチャレンジに向けてモンテディオ山形にさようならを言う時が来ました。皆様に最初から最後までに応援して頂いたこと心から感謝します。あなた達は一生僕の心の中にいます。来シーズン、モンテディオ山形の選手として戦うこと出来ませんが、この素晴らしいクラブのファンとしてクラブ、そしてチームの目標が達成出来るように応援します。今まで本当にありがとうございました」と伝えている。

 デラトーレも22シーズンから山形でプレー。同シーズンは30試合9得点で、今シーズンは24試合4得点だった。「まず初めに、クラブが僕の可能性を信じ、チャンスを与えてくれたことに感謝します。その期待に応えるために日々取り組み、そしてチームやクラブのために全力を尽くしてきました」と挨拶をしている。

 また、日常生活でのやりとりにも感謝。「サポーターの皆様、あなたたちは私や私の家族にとって特別な存在でした。いつも温かい言葉をかけていただき、優しく接してくれました。山形はいつまでも私の心に存在します。特に、次男が山形で産まれたことがその理由の一つです!日本で敬意と価値観を学びました。お陰様で、日本へ来る前と比べて人として成長できました。遠く離れていても、山形のますますの成長と目標が達成出来るように応援しています。ありがとうございました」と述べた。

 河合も2シーズンを山形で過ごした。22シーズンはJ2リーグ31試合、今シーズンは19試合だった。「どんな時でも共に戦ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。モンテファミリーの皆様からの応援が自分を奮い立たせてくれました。2年間という短い間でしたが、ありがとうございました」と感謝を伝えた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP