beacon

タイトルにあと一歩届かず…C大阪MF清武「準優勝は味わいたくないもの」

このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪MF清武弘嗣

[10.30 ルヴァン杯決勝 名古屋 2-0 C大阪 埼玉]

 スタンドで表彰を受ける名古屋の選手たちをピッチ上から見つめた。セレッソ大阪MF清武弘嗣は「準優勝というものは味わいたくないもの」と悔しさを滲ませた。

 ベンチスタートとなった清武は、後半開始からピッチへと送り込まれる。ベンチから見守った前半。「すごく固い試合だったので、セットプレーがキーになると思っていた」。すると、後半2分、その言葉どおりにセットプレーで試合が動く。しかし、ネットを揺らしたのは名古屋だった。

「セットプレーがキーになると思いながら、後半に入ってすぐ(の失点)だったので、残念だった」

 1点のリードを奪った名古屋は、より守備に重心を置いた。C大阪はボールを保持しながらも、相手の固い守備を崩し切れない。すると、後半34分にはMF稲垣祥に追加点を奪われ、0-2まま逃げ切られてしまった。

 タイトルまで、あと一歩届かず。「準優勝は味わいたくないもの。決勝まで来て、こういう結果になるのは、サッカー人生でも一番悔しいこと」と唇を噛みつつ、「今日見た光景を忘れずに成長していけたらと思う」と悔しさを糧にさらなる成長を誓った。

●ルヴァン杯2021特設ページ
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「ゲキサカ」ショート動画

TOP