beacon

ムヒタリアン「再び指導を受けることができて嬉しい」恩師モウリーニョとの再会にポジティブな見解

このエントリーをはてなブックマークに追加

再会を歓迎したMFヘンリク・ムヒタリアン

 MFヘンリク・ムヒタリアンが、ローマの新監督となったマンチェスター・ユナイテッド時代の恩師、ジョゼ・モウリーニョ氏との再会にポジティブな見解を示している。

 ムヒタリアンは『Sky Sport Italia』に対して「2016-17シーズンは一緒に仕事をして、とても充実した内容だった。また指導を受けることができて嬉しいよ」と恩師について言及している。

「モウリーニョはとても野心的な指導者だ。どのような試合でも常に勝利を目指しているんだ。人によっては悪い内容だと論じられるかもしれないが、それでも勝ち点3を取るためのアプローチをよく知っている。実際にそれでタイトルを掴んできた監督だからね」

 2017-18シーズン、冬の移籍市場ではFWアレクシス・サンチェスとのトレードでアーセナルに渡ったムヒタリアン。その時のことについては「過去について多くは話したくないね。今はモウリーニョと一緒に歩むときだ。監督が選手たちに何を求めているかを知っているし、自分も何ができるのか、それを示す準備ができている」と発言。かつてモウリーニョと亀裂があったことを匂わせつつ、新シーズンからの再スタートに意欲を示した。

 ムヒタリアンは「このクラブのプロジェクトはとても魅力的だと思っているし、チームを信じて残留を決めたんだ。ここにいることで自分は幸せだと思っている。僕はこのチームとローマの街が大好きなんだ。ジャッロロッシで大きなことを成し遂げたいし、何かを勝ち取ることができると思っている」と続け、ローマでの躍進を誓っている。

●セリエA2021-22特集
世界のサッカー情報はgoal.com

「ゲキサカ」ショート動画

TOP