beacon

元JリーグMVPオルンガの京都来襲を確認…一部のJサポは阿鼻叫喚「ちょっと待て」「やめてくれ」「トラウマが」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カタールのアルドゥハイルに所属する元JリーグMVPオルンガ

 2020シーズンのJリーグMVPで、現在はカタールのアルドゥハイルに所属するFWオルンガが自身のツイッターを更新。その内容が日本国内のサッカーファンの間で話題となっている。

 オルンガは18年夏に柏レイソルに加入した。2年目はJ2リーグで27得点を挙げると、3年目はJ1リーグで32試合28得点と大活躍。JリーグMVPと得点王に輝いていた。

 圧倒的な得点力は、特に京都サンガF.C.のサポーターに大きな印象を残した。オルンガは19シーズンのJ2リーグ最終節で、京都を相手に1試合個人最多得点記録となる8ゴールをマーク。13-1というスコアはさまざまな最多記録を更新し、Jリーグに衝撃の爪痕を残した。

 そんなオルンガが28日に自身のツイッターで“京都”を訪問したことを報告。投稿された画像で「京都」と記されたカフェにいる様子が伝えられた。この画像にJリーグファンが即座に反応。“京都”訪問というメッセージからJリーグ復帰の可能性に、多くのJリーグサポーターが恐怖に慄いていた。

 しかし、この“京都”と記された場所は京都府にあるものではないという。現在オルンガが滞在しているカタールにあるカフェ「KYŌTO」だった。これにはJリーグファンもひと安心。安堵の声を挙げつつ、オルンガとのやりとりを楽しんでいる様子だった。

「ゲキサカ」ショート動画

TOP