beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校年代日本一は?
高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグ

プレミアリーグニュース

プレミアリーグチャンピオンシップ&参入戦日程
【チャンピオンシップ】
(12月15日)
流通経済大柏高1-1(PK5-4)ヴィッセル神戸U-18
【プレミアリーグ参入戦1回戦】
(12月14日) 
[Aブロック]
前橋育英高 1-1(PK1-4) 藤枝東高

帯広北高 1-3(延長)東山高

[Bブロック]
大阪桐蔭高 0-1 市立船橋高
ベガルタ仙台ユース 1-2 アルビレックス新潟ユース

[Cブロック]
ジュビロ磐田U-18 1-2 柏レイソルU-18
大分トリニータU-18 0-1 愛媛FCユース

[Dブロック]
星稜高 5-3 盛岡商高
瀬戸内高 1-3 京都橘高
【プレミアリーグ参入戦2回戦】
(12月16日) 
[Aブロック]
藤枝東高 0-2 東山高

[Bブロック]
市立船橋高 1-0 アルビレックス新潟ユース

[Cブロック]
柏レイソルU-18 2-0 愛媛FCユース

[Dブロック]
星稜高 1-5 京都橘高
リーグ戦試合日程/順位表
【プレミアリーグEAST】
コンサドーレ札幌U-18(北海道)
青森山田高(青森)
JFAアカデミー福島(福島)
鹿島アントラーズユース(茨城)
流通経済大柏高(千葉)
東京ヴェルディユース(東京)
三菱養和SCユース(東京)
桐光学園高(神奈川)
清水エスパルスユース(静岡)
静岡学園高(静岡)


【プレミアリーグWEST】
名古屋グランパスU18(愛知)
富山一高(富山)
京都サンガF.C.U-18(京都)
ガンバ大阪ユース(大阪)
セレッソ大阪U-18(大阪)
ヴィッセル神戸U-18(神戸)
サンフレッチェ広島ユース(広島)
アビスパ福岡U-18(福岡)
東福岡高(福岡)
大津高(熊本)


活躍選手はここでチェック
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ
ユース年代注目選手のコメント集
連載:YOUTH STAR VOICE

【大会要項】
名称:
高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグ EAST/WEST
主催:
公益財団法人日本サッカー協会
主管:
出場チーム、チーム所属都道府県サッカー協会
後援:
文部科学省(予定)、朝日新聞社(予定)
オフィシャルパートナー:
アディダスジャパン株式会社
大会スポンサー:
ソニーマーケティング株式会社、株式会社モルテン
試合日程:
4月7日~12月8日
チャンピオンシップ:
12月15日開催
プレミアリーグ参入戦:
12月14日、12月16日開催
※上記日程は変更になる可能性。
大会方式:
 全国より選出された20チームを10チームずつに分けてそれぞれホーム&アウェー方式の総当たり戦(180試合)を実施。EAST及びWESTの優勝チームはチャンピオンシップに出場する。
 各リーグの下位2チームは、次年度の高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグへ自動降格する。
 過去3年間の全国大会の成績ポイントを参考に出場枠を決定した各地域の高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ上位チームは、16チームが本大会参入戦への出場資格を獲得し、参入戦で2勝した4チームは次年度の本大会出場権を獲得する。

参加チームおよびその数:
 高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグの東西上位8チーム、および9地域のプリンスリーグ上位チームによるプレミアリーグ参入戦で2勝した4チームが出場する。
※上記により割り当てられた出場チーム数(計20チーム)
北海道(1)、東北(2)、関東(5)、北信越(1)、東海(3)、関西(4)、中国(1)、四国(0)、九州(3)
【プレミアリーグ参入戦】
地域出場枠:
2種連盟大会における2012年度の高円宮杯 プリンスリーグ各地域1部出場チームの成績ポイントで算出。
北海道(1)、東北(2)、関東(3)、北信越(2)、東海(2)、関西(3)、中国(1)、四国(1)、九州(1)
抽選条件:
1.成績上位の4地域をA~Dブロックに振り分け。
2.成績下位の5地域をA~Dブロックに1チームずつ割り振りフリー抽選。但し、1回戦で成績上位1~4地域とは対戦しない。地域9位はフリー抽選。
3.1回戦、2回戦での同地域での対戦は避けることを条件として、その他チームはフリー抽選。

TOP