beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]チーム紹介:尚志高(福島)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第94回全国高校サッカー選手権

尚志高(福島)

尚志高関連ニュース

▼全国大会日程
1回戦 vs京都橘高(京都)
■出場回数
2年連続7回目

■監督
仲村浩二

■主将
DF茂木星也

■今季成績
[総体](全国2回戦敗退)
1回戦 4-0 那覇高(沖縄)
2回戦 1-3 市立船橋高(千葉)
[リーグ戦]
プリンスリーグ東北優勝(14勝1分3敗)
[新人戦(14年11月)]
県8強

■予選成績
4回戦 7-1 安積高
準々決勝 2-0 福島東高
準決勝 1-0 富岡高
決勝 1-1(PK5-3)学法石川高

■都道府県予選決勝布陣&レポ
[4-4-2]
    柳原隆二
        小野寛之
高橋大河        高梨起生
   清水祐貴 佐藤凌輔
茂原巧朗        常盤悠
    林純  井出隼人
     石塚亮
[レポート]
 創部20年目で初の決勝進出を果たした学法石川高との決勝は立ち上がり、学法石川FW安部光留、尚志FW小野寛之の両エースが互いに決定機を迎える。積極的な守備を見せる学法石川に対してロングボールも活用しながら攻める尚志は16分、MF高梨起生のスルーパスに小野が反応。こぼれ球を拾ったFW柳原隆二が技ありの右足ループシュートを決めて先制した。だが学法石川は36分、右クロスを安部が右足ダイレクトボレーで決めて同点に追いつく。後半、尚志はクロスから決定機をつくるものの、相手GK古川雅弥の好守などに阻まれて勝ち越すことができない。試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦へ突入。尚志は学法石川の3人目のシュートをGK石塚亮が止めると、キッカー5人全員が成功して5-3で勝った。


■チーム紹介
再び躍進狙う福島の星
 最近10年間で7度目となる福島制覇。今年はプリンスリーグ東北でも初優勝を果たし、今や福島県内だけでなく、東北を代表する強豪校のひとつに成長を遂げた。2勝を上げてベスト16入りした昨年から今年は主力は大きく入れ替わったが、歴代ナンバー1とも言われる練習量で力をつけたチームは躍進。プリンスリーグ東北制覇を達成し、夏冬連続の全国切符を勝ち取った。県予選は主将のDF茂木星也やDF渡邉康平が負傷も、全員で穴を埋めてわずか1失点。また連動したパスワーク、サイド攻撃を特長とする攻撃面では台頭中の2年生MF高橋大河や10番MF高梨起生のチャンスメークからエースFW小野寛之とFW柳原隆二のスピードある2トップがゴールを奪った。流通経済大を経て群馬入りするFW山岸祐也を擁した11年度の選手権では、震災に苦しむ福島の人々に元気をもたらす県勢初の4強進出。今大会ではそれ以上の成績を目指す。

高校サッカー漫画『DAYS』の主人公、“泥臭くチームのために献身的に走る”1年生FW柄本つくしのような選手たちを川端暁彦氏がピックアップ!
■[DAYS×ゲキサカ連動企画]全48出場校の「つくし」を探せ!
「駆ける」力秀でた東北最強FW
FW小野寛之(3年)
「164cmの小さなFWは、シンプルにゴールへ『駆ける』力に秀でた東北最強のストライカーである。裏へと飛び出して良し、ドリブルで運んで良しのスピード感にあふれたプレーで尚志を引っ張る。プリンスリーグ東北得点王(19得点)の肩書きは伊達ではない」

■編集部イチオシ選手
チーム救う司令塔の危機管理能力
MF佐藤凌輔(3年)
「有能なプレースキッカーであり、ゲームメーカーだが、特に評価が高いのは危機管理能力の高さ。読みと動き出し早く、ポジショニングを取り、相手の攻撃の起点を封じる」

■注目選手
MF高橋大河(2年)
└県予選決勝では左サイドで大いに攻撃力を発揮。スピードを活かした縦への突破に注目だ
MF高梨起生(3年)
└相手のギャップを逃さずに通すスルーパスに注目。柔らかいボールタッチで攻撃を牽引
DF茂原巧朗(3年)
└馬力ある動きでサイドをアップダウンする163cmの左SB。ロングスローも備える

■過去の全国大会成績
【14年度(3回戦敗退)】
1回戦 2-0 広島皆実高(広島)
2回戦 3-0 聖和学園高(宮城)
3回戦 0-2 立正大淞南高(島根)
【11年度(4強)】
2回戦 2-1 守山北高(滋賀)
3回戦 3-3(PK4-2)桐光学園高(神奈川)
準々決勝 3-1 桐生一高(群馬)
準決勝 1-6 四日市中央工高(三重)
【10年度(3回戦敗退)】
1回戦 2-0 佐賀北高(佐賀)
2回戦 3-0 初芝橋本高(和歌山)
3回戦 0-1 関西大一高(大阪)
【09年度(3回戦敗退)】
1回戦 4-1 松山北高(愛媛)
2回戦 1-1(PK4-2)東北高(宮城)
3回戦 0-1 広島観音高(広島)
【07年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 広島皆実高(広島)
【06年度(2回戦敗退)】
1回戦 0-0(PK4-2)鵬翔高(宮崎)
2回戦 1-1(PK4-5)八千代高(千葉)

■登録メンバーリスト
1 GK 石塚亮(3年)
2 DF 井出隼人(3年)
3 DF 林純(3年)
4 DF 茂木星也(3年)
5 DF 茂原巧朗(3年)
6 DF 常盤悠(2年)
7 MF 清水祐貴(3年)
8 MF 佐藤凌輔(3年)
9 FW 國本佳以(3年)
10 MF 高梨起生(3年)
11 FW 柳原隆二(3年)
12 FW 武田玲央(3年)
13 MF 竹本大河(3年)
14 FW 小野寛之(3年)
15 MF 大出洋輔(3年)
16 GK 堀江亮博(2年)
17 DF 和田大樹(2年)
18 DF 生井沢佑斗(2年)
19 MF 池脇星南(3年)
20 MF 神垣陸(2年)
21 MF 高橋大河(2年)
22 FW 渡部公平(2年)
23 FW 村山慶伍(3年)
24 MF 野田悠太(3年)
25 GK 遠藤大夢(3年)
26 DF 渡邉康平(3年)
27 DF 田代直也(3年)
28 MF 植村隼人(2年)
29 DF 石井拓人(3年)
30 DF 岡田樹紀(2年)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

TOP