beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長崎GK三浦雄也が現役引退「また新たな人生を楽しんでいきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎GK三浦雄也が現役引退

 V・ファーレン長崎は18日、契約満了となっていたGK三浦雄也(28)が現役を引退することを発表した。

 三浦は筑波大から2012年に柏へ加入し、松本、清水を経て2015年に長崎へ完全移籍。2016年7月にJリーグ初出場を飾ったが、その後は出番から遠ざかり、Jリーグ通算出場はこの1試合となっていた。

 クラブ公式サイトを通じて三浦は「サッカー選手として成果を出す事ができず、憧れ思い描いていた選手生活とはかけ離れていましたが、たくさんの方に支えられてここまで頑張ることができました。柏レイソル、松本山雅FC、清水エスパルス、V・ファーレン長崎、学生時代を含め僕のサッカー人生に関わってくださった皆さんに感謝しています。また新たな人生を楽しんでいきたいと思います。本当にありがとうございました」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK三浦雄也
(みうら・ゆうや)
■生年月日
1989年4月2日生(28歳)
■身長/体重
184cm/78kg
■出身地
愛知県
■経歴
知多SC-中京大付属中京高-筑波大-柏-松本-柏-清水-長崎
■2017年出場記録
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP