beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

攻め手なく辛くもドロー…長谷部「サッカーの大前提を痛感する試合」

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャプテンとしてチームを統率するMF長谷部誠

[3.23 国際親善試合 日本1-1マリ リエージュ]

 前後半で試合展開は一変した。日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)は「PKで失点して、0-1の折り返しだったけど、前半はそんなに悪いとは感じなかった」と振り返る。

「前半に関しては、前からの守備がハマった部分もあったし、チャンスもつくれていた。もちろん、仕留める部分で精度を欠いていたけど」。しかし、前半34分にMF大島僚太が負傷交代を余儀なくされると、同44分にPKで先制を許し、試合は一気に難しくなった。

 1点を追う後半、自陣でボールは持てるものの、単調なロングボールが目立ち、連動した攻撃を見せられない。攻め手のないまま時間は過ぎ、得点の匂いはまるでしなかった。長谷部は「ボールを取ったあと、自分たちのプレーの精度も今日はかなり低かったと、やっていて感じた」と自戒を込めて言う。

 後半アディショナルタイムに途中出場のFW中島翔哉が同点ゴールを決め、辛くも引き分けに持ち込んだが、収穫はほとんどなかった。「選手個人個人が個々のクオリティーにフォーカスしないといけない。局面局面でかわされたり、球際で負けることが多かった。そこはサッカーの大前提。そのことを選手がもう一回痛感する試合になった」。W杯まで3か月を切る中、キャプテンの言葉が重く響いた。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP