beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

最悪のケンカ別れ?シャルケ、ユース育ちの22歳MFを“戦力外”に

このエントリーをはてなブックマークに追加

マックス・マイヤーがシャルケの戦力外に

 シャルケは4月30日、トップチームのトレーニングにドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)を参加させないことを発表した。

 クラブ発表によると、マイヤーは30日にクラブに無許可でインタビューに応じた模様。ドイツ『キッカー』によると、『ビルト』のインタビューでクレメンス・テンニース会長らを批判していたようだ。また、25日にMRI検査を受ける必要があったが、これを拒否するなどクラブ首脳陣はマイヤーの態度に苛立ちを募らせていた。

 今回の発表により、マイヤーはシーズンが終了するまでの2週間、トップチームから外れ、残り2試合に出場することはなくなった。また、今季でシャルケと契約が切れるため、退団が囁かれており、アーセナルなどが獲得に興味を示しているという。

 シャルケの下部組織育ちのマイヤーは、2013年2月にプロデビュー。その後、10代でコンスタントに試合に出続け、今季から新境地のボランチで評価を上げ、ブンデスリーガ24試合に出場していた。

●ブンデスリーガ2017-18特集

TOP