beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

不敵な“アフリカキラー”本田、3大会連続弾へ「弱点は見つけている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

対アフリカ勢はW杯2大会連続ゴール中のMF本田圭佑

 アフリカ勢の弱点は見抜いている。日本代表MF本田圭佑(パチューカ)は10年南アフリカW杯のカメルーン戦(1-0)、14年ブラジルW杯のコートジボワール戦(1-2)と、2大会連続でアフリカ勢からゴールを奪っている。対アフリカ勢3戦連発の期待が懸かる24日のセネガル戦(エカテリンブルク)に向け、「自分の中ではいくつか弱点を見つけている」と不敵に言った。

「そこをどう突けるか。徐々に選手とも共有し始めているし、僕自身が突ける部分もある。そこを意識したい」。日本人初のW杯3大会連続ゴールへ、「普通のことだと思うけど、向こうの強みを理解したうえで、弱点が存在することに目を向けている」と冷静だ。

 クロスに対するディフェンスでボールウォッチャーになったり、集中が切れる瞬間があったりることがアフリカ勢の弱点なのか。報道陣の質問に「あれだけじゃないけど、あれは一つ」と明言。「アフリカ勢のほとんどのチームが解決できていない弱点の一つ」と、狙いどころであることを認めた。

「(パスを)供給する側の役割もある。自分が供給する側か、供給される側か分からないけど、出す側なら(動き出す選手を)見てあげたいし、出す選手に対しては『俺をちゃんと見ろ』ということを伝えたい」。“アフリカキラー”が3大会連続ゴールを決めたとき、日本の決勝トーナメント進出も大きく近づいてくる。

(取材・文 西山紘平)
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP