beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「抑えられなかった」セネガル監督は大迫に“脱帽”

このエントリーをはてなブックマークに追加

前線で体を張ったFW大迫勇也

[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

 2度のリードを守り切れなかった。セネガル代表のアリウ・シセ監督は試合後の記者会見で「ガッカリしている」と率直な感想を口にした。

 日本代表について「技術力の高いチーム。パスの質も良かった」と指摘し、「我々は日本が快適なプレーができないようにした。最初は技術的なエラーもあって、我々が得点したが、同点にされてしまった。後半も同じことだった」と振り返った。

「我々は抑えようとしたし、インパクトを与えようとしたが、日本は技術的に高いものがあった。5mのスペースを与えると脅威だった。今日は本当にセネガルらしいプレーができなかった」

 2-2のドローという結果に「日本のほうがいいプレーをしたと思う。しかし、いいプレーをしたから勝てるわけではない。日本は試合をコントロールしたかもしれない。しかし、私たちはリードを奪った。しかし、集中力が欠けていたのかもしれない」と、2度追いつかれる展開を悔やんだ。

 セネガルのディフェンスについては「(日本には)15番の選手(大迫)がいた。我々のDFに大きなプレッシャーになっていた。なかなか抑えられなかった」と、FW大迫勇也を抑え切れなかったことを認め、「(センターバックの)クリバリ、サネは質の高い選手だ。しかし、今日は全力を尽くせなかった、あるいは自分たちのプレーが出せなかった」とした。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP