beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“大惨事”回避…スイスのシャキリら3選手は罰金処分のみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールパフォーマンスが問題視されていたMFシェルダン・シャキリ

 国際サッカー連盟(FIFA)は「政治的メッセージ」と取れるパフォーマンスが問題となっていたMFシェルダン・シャキリスイス代表の3選手に対し、罰金のみの処分を科すことになったようだ。英『BBC』が伝えている。

 スイスは22日に行われたグループリーグ第2節でセルビアと対戦し、2-1の勝利。ただ、セルビアから独立を宣言したコソボにルーツを持つアルバニア人のシャキリとMFグラニト・ジャカが、アルバニア国旗の「双頭の鷲」をイメージさせるゴールパフォーマンスを見せ、物議を醸していた。

 同メディアによると、FIFAはシャキリとジャカに対して7632ポンド(約111万円)、さらに同様のポーズを取っていたことが確認されたDFステファン・リヒトシュタイナーに3816ポンド(約55万円)の罰金処分を下したようだ。

 第2節終了時点でブラジルと同勝ち点の2位につけるスイスは、27日の最終節コスタリカ戦を前に主力の出場停止による戦力ダウンを回避。同メディアは「3人のトップ選手が出場停止となっていたら大惨事だった」としている。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP