beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長崎凱旋・梅崎司が2年ぶりJ1弾!! 昇格組対決は湘南が制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグ戦で2年2か月ぶりゴールを決めたFW梅崎司

[8.31 J1第25節 長崎1-3湘南 トラスタ]

 J1リーグ戦は31日、第25節1日目を行い、最下位に沈むV・ファーレン長崎がホームに湘南ベルマーレを迎えた。J1昇格組対決は昨季J2王者の湘南が3-1の勝利。地元凱旋を果たしたFW梅崎司が2016年6月以来、2年2か月ぶりのゴールを決めた。

 長崎は大敗を喫した前節柏戦(●1-5)から先発4人を変更。DF田上大地、MF飯尾竜太朗、MF前田悠佑、FW平松宗が入った。対する湘南は前節FC東京戦(△0-0)から2人を代え、DF大野和成、MF秋野央樹がスタメン入りを果たした。

 試合は序盤から湘南ペース。前半7分、秋野のロングパスにFW小川慶治朗が抜け出し、クロスに反応したDF岡本拓也がダイレクトで狙ったが、DF高杉亮太がブロック。同11分には地元長崎県諫早市出身の梅崎がシュートを放つもクロスバーに阻まれた。

 長崎は両ウイングバックがクロス攻勢をかけると、セットプレーで高杉が決定機を迎えるが、先制点を奪ったのは湘南。前半32分、左サイドのDF石原広教がフェイントで相手をかわすと、鋭いグラウンダークロスに合わせたのは梅崎。トリッキーなアウトサイドシュートで流し込み、地元に錦を飾った。

 後半は長崎が反撃を試みる。11分、左サイドを駆け上がった田上のクロスにMF島田譲が反応し、左ポストを強襲するシュート。湘南は同12分、秋野に代わってルーキーMF金子大毅を入れたが、同13分にも長崎に決定機。セットプレーからの田上のヘッドをDF坂圭祐がなんとかブロックした。

 それでも後半16分、昨季J2王者の湘南が強さを見せつけた。梅崎が左CKをゴール前に放り込み、大野が高い打点のヘディングシュート。こぼれ球を金子が飛び込み、プロ入り初ゴールを奪う。さらに同19分、右サイドを突破した岡本が立て続けのシュートで叩き込んで、瞬く間にリードを2点に広げた。

 長崎は後半26分、徳島から移籍してきたばかりのDF大本祐槻のクロスに途中出場のFWファンマが合わせて1点を返す。同37分には平松に代わってFW澤田崇を投入。だが、反撃はならず。湘南が8月1日以来、1か月ぶりの勝利を飾り、長崎は7試合勝ちなし(1分6敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP