beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

オランダがデパイ&リバプールコンビ2発で快勝!!ドイツは2戦連続ノーゴールで最下位へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダがドイツに3-0の快勝

[10.13 UNL第2節 オランダ3-0ドイツ]

 UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ1第2節が13日に開催され、オランダ代表はホームでドイツ代表に3-0で勝利した。敗れたドイツは16日に敵地で首位フランスと対決する。

 9月9日に行われたフランスとの初戦を1-2で落としたオランダは、前半30分に先制。右CKからFWメンフィス・デパイ(リヨン)がクロスを送り、FWライアン・バベル(ベシクタシュ)のヘディングはクロスバーを叩くが、跳ね返りをDFフィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)が頭で押し込んだ。

 1-0で迎えた後半42分には、高速カウンターからFWクインシー・プロメス(セビージャ)が右サイドを抜け出し、折り返しをフリーで受けたデパイが右足で追加点を奪取。同アディショナルタイム3分にも敵陣でのボール奪取から中央でパスを受けたMFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)がPA内右に持ち運び、右足のシュートをゴール左に突き刺した。

 オランダは大会初白星で最下位から2位に浮上。ドイツはオランダの14本を上回る21本のシュートを浴びせながらも2試合連続無得点に終わり、1分1敗で最下位に転落した。

●UEFAネーションズリーグ18-19特集

TOP