beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:東山(京都)

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイ3位の東山高は選手権で日本一を狙う

第97回全国高校サッカー選手権

東山高(京都)

東山高関連ニュース


東山高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 2-2(PK4-5)丸岡高(福井)
[得点]久乘聖亜井上竜稀
■出場回数
22年ぶり3回目
■過去の最高成績
2回戦敗退(96年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体4強(18年)、同出場2回。プレミアリーグWEST出場
■監督
福重良一
■主将
MF倉貫直人(3年)
■今季成績
[総体](全国4強)
府決勝 2-0 京都橘高
全国2回戦 0-0(PK5-4)尚志高(福島)
全国3回戦 2-0 立正大淞南高(島根)
全国準々決勝 2-1 三浦学苑高(神奈川1)
全国準決勝 1-1(PK1-3)山梨学院高(山梨)
[リーグ戦]
プリンスリーグ関西7位(5勝4分9敗)
[新人戦](府優勝)
府決勝 2-1 京都橘高

■予選成績
3回戦 8-0 京都精華高
4回戦 3-1 京産大附高
準々決勝 1-0 久御山高
準決勝 2-0 山城高
決勝 1-1(PK5-4)京都共栄高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]

   久乘聖亜 長坂大陸
宇賀神拓世        中山翔
   飯田敏基 倉貫直人
小西祐太朗       木下誠太
   清原航平 井上竜稀
      荒木光汰
[決勝メモ] 
 大会6連覇中だった京都橘高を破って勢いに乗る京都共栄高との決勝戦。東山は前半4分にMF中山翔(2年)の右クロスをエースFW久乘聖亜(3年)が頭でゴール左隅に流し込んで先制点を奪う。1-0のまま主導権を握って試合を進めた東山に対し、MF荒川聖志主将(2年)らのドリブルを主体に反撃する京都共栄は後半に主導権を握り返す。前に出て攻め続けると後半38分、右クロスのクリアを拾ったFW飯野颯(2年)が右足を振り抜く。これがDFに当たってそのままゴールネットに吸い込まれた。試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦へ。京都共栄の1人目が外したのに対し、東山は5人全員が成功。5-4で勝った東山が京都3冠を達成した。

MOM:MF倉貫直人(3年)
「走ってチーム牽引。22年ぶりV導く」

■予選取材記者(森田将義氏)チーム紹介
インハイ4強、さらに上へ

 元京都のDFだった福重良一監督が就任して今年で13年目。毎年のように優勝候補と称されながらも選手権への切符は掴めず。念願だった舞台に挑む。決して、飛びぬけた力を持った選手はおらず、「もっと手応えがあった年はあった」(福重監督)。ただ、主将のMF倉貫直人(3年)を中心とした団結力は歴代でも屈指。守護神の荒木光汰(3年)と清原航平(3年)、井上竜稀(3年)のCBコンビを中心に粘り強い守備からチャンスを待つのが今年の強みだ。奪ってからは、FW久乘聖亜(3年)とFW長坂大陸(3年)にロングボールを入れるのが攻撃の定石。MF宇賀神拓世(3年)とMF中山翔(2年)の突破を交えた攻撃の鋭さは、3位となったインターハイでも証明済みだ。選手権では夏から更に逞しくなった姿を見せつけ、日本一を狙いに行く。

編集部+α
 95、96年度に2年連続で選手権に出場したが、いずれも初戦で静岡学園高(静岡)に敗戦。その後長らく全国舞台から遠ざかっていたが、FW鎌田大地(現シントトロイデン)が1年生だった12年のインターハイに初出場。14年には高校年代最高峰のリーグ戦、プレミアリーグWESTに初参戦した。今年はインターハイ初戦の尚志高(福島)戦で全国初勝利。主将の倉貫を怪我で欠いていたにもかかわらず、代役を務めたMF矢原直杜(3年)や飯田の奮闘もあって準決勝まで勝ち上がった。倉貫が復帰して迎える選手権でも躍進が期待される。


■予選取材記者(森田将義氏)注目選手
知性派の守護神
GK荒木光汰(3年)
「抜群のシュートストップでゴールマウスにカギをかける守護神。キック精度の高さも魅力でキャッチからの素早いロングキックでカウンターの起点にもなる。」

欠場したインハイの分も躍動
MF倉貫直人(3年)
「フランス代表のカンテに憧れるボランチ。豊富な運動量と闘志あふれる守備で攻撃の芽を摘み取り、正確な散らしで攻撃のリズムを作る」

エースは“鎌田2世”
FW久乘聖亜(3年)
「正確なボールタッチとセンスの高さが光る“鎌田大地2世”。線の細さが解消されてきた今年は力強い突破や飛び出しなどプレーの幅が広がった」

■過去の全国大会成績
【96年度 第75回(2回戦敗退)】
2回戦 3-4 静岡学園高(静岡)
【95年度 第74回(1回戦敗退)】
1回戦 0-6 静岡学園高(静岡)

■登録メンバーリスト
1 GK 荒木光汰(3年)
2 DF 木下誠太(2年)
3 DF 井上竜稀(3年)
4 DF 清原航平(3年)
5 DF 見上瑞紀(2年)
6 MF 片岡宥人(3年)
7 MF 宇賀神拓世(3年)
8 MF 掛見直央(1年)
9 FW 長坂大陸(3年)
10 FW 久乘聖亜(3年)
11 MF 中山翔(2年)
12 DF 松井駿也(3年)
13 MF 片岡篤志(3年)
14 MF 倉貫直人(3年)
15 MF 森田勇真(3年)
16 MF 矢原直杜(3年)
17 GK 古高龍生(3年)
18 MF 飯田敏基(3年)
19 DF 中島大喜(3年)
20 FW 大八木陽一(3年)
21 GK 眞下翔(2年)
22 DF 小西祐太朗(2年)
23 DF 藤原海李(3年)
24 MF 北川大翔(2年)
25 MF 前田祥汰(3年)
26 DF 小森壮瑛(3年)
27 DF 野澤勇夫(1年)
28 FW 竹内康紘(3年)
29 FW 中村将吾(2年)
30 FW 松原綾成(1年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP