beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:流通経済大柏(千葉)

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大柏高は昨冬、今夏の悔しさをぶつけ、日本一を勝ち取る

第97回全国高校サッカー選手権

流通経済大柏高(千葉)

流通経済大柏高関連ニュース


流通経済大柏高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 2-1 徳島市立高(徳島)
[得点]熊澤和希2
3回戦 1-0 星稜高(石川)
[得点]関川郁万
準々決勝 1-0 秋田商高(秋田)
[得点]八木滉史
準決勝 5-0 瀬戸内高}}(広島)
[得点]岡本竜藤井海和関川郁万熊澤和希、渡會武蔵
決勝 1-3 青森山田高(青森)
[得点]関川郁万
■出場回数
2年連続6回目
■過去の最高成績
優勝(07年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校選手権準優勝1回(17年度)、同4強2回(10、14年度)、全国高校総体優勝2回(08、17年)、同準優勝2回(13、16年)、同4強2回(07、10年)、同出場14回、全日本ユース(U-18)選手権優勝1回(07年)、プレミアリーグチャンピオンシップ優勝1回(13年)、同EAST優勝1回(13年)
■監督
本田裕一郎
■主将
FW左部開斗(3年)
■今季成績
[総体](県4強)
県準決勝 1-2 習志野高
[リーグ戦]
プレミアリーグEAST4位(8勝4分6敗)
■予選成績
決勝T2回戦 2-0 東京学館高
準々決勝 3-1 翔凜高
準決勝 1-0(延長)習志野高
決勝 2-0 市立船橋高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
    左部開斗 森山一斗
熊澤和希          芹田悠真
    藤井海和 八木滉史
佐藤輝          西尾颯大
    関川郁万 須永竜生
      松原颯汰
[決勝メモ] 
 宿敵・市立船橋高との千葉頂上決戦。流経大柏は前半14分、MF芹田悠真(3年)が右CKからグラウンダーのボールを入れ、FW左部開斗主将(3年)がシュート。市立船橋守備陣がブロックしてこぼれたボールを10番MF熊澤和希(3年)が右足でねじ込み、先制した。流経大柏はタイトなマークで相手に攻撃の起点を作らせず、セカンドボールの攻防でも優位に。前半を被シュートゼロで乗り切る。後半は、市立船橋が流経大柏の守りを掻い潜り、FW佐藤圭祐(3年)や右MF松尾勇佑(3年)のドリブル突破などでチャンスを作り出す。20分を過ぎると市立船橋の流れとなったが、カバーリングの速い流経大柏は守りが破られかけても相手に余裕のある状況でシュートを打たせない。そして、苦しい時間帯を凌いだ流経大柏は39分、市立船橋のミスパスをインターセプトした熊澤の左クロスから交代出場FW岡本竜(3年)が頭でダメ押しゴール。2-0で勝った流経大柏が初の選手権予選2連覇を達成した。

MOM:MF熊澤和希(3年)
「エースが値千金の先制弾&ダメ押しアシスト」

■予選取材記者(平野貴也氏)チーム紹介
夏の悔しさぶつけ、頂点へ

 夏はインターハイ出場を逃したが、冬は県予選決勝で宿敵の市立船橋高を破り、初の全国選手権連続出場にこぎ着けた。
 圧倒的な対人戦の強さは、国内屈指。鹿島に加入内定のDF関川郁万(3年)を中心とする最終ラインは、いずれも身体能力が高く、強固だ。西尾颯大(3年)はスピードがあり、佐藤輝(3年)は、どのポジションでもプレーできる。
 攻撃は、左部開斗(3年)がターゲットとなってロングパスを収め、中央に絞る熊澤和希(3年)、芹田悠真(3年)がセカンドボールを拾って仕掛ける。夏以降は、技術力のあるMF八木滉史(2年)、判断力に優れる藤井海和(1年)ら下級生が台頭。FW森山一斗(1年)、GK松原颯汰(1年)も即戦力で活躍が期待できる。

編集部+α
 近年の高校サッカー界を牽引してきたチームの一つだ。全国得点王3冠を達成したFW大前元紀(大宮)らを擁した07年度に選手権と全日本ユース(U-18)選手権の2冠。13年には高体連のチームとして初めて高校年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグEAST、同チャンピオンシップを制覇し、昨年度はインターハイ優勝、選手権でも決勝進出を果たした。昨年度の選手権決勝は後半アディショナルタイムの失点により、準優勝。その悔しさを知る関川や熊澤を中心に今年は「あと1勝」を狙う。
■予選取材記者(平野貴也氏)注目選手
鹿島内定。最注目CB
DF関川郁万(3年)
「アジア王者の鹿島に加入するエアバトラー。対人戦には、滅法強い。夏はケガから復帰直後で苦しんだが、冬に向けて復調」

流経の10番は万能タイプ
MF熊澤和希(3年)
「関川とともに1年次から活躍。ロングスローも可能で空中戦も強い、万能タイプ。県予選は全4試合で得点を挙げた」

身体張ってチーム牽引するリーダー
FW左部開斗(3年)
「苗字は『さとり』と読む。夏以降、関川に代わって主将に就任。空中戦に強く、前線で体を張ってチームをけん引する」

■過去の全国大会成績
【17年度 第96回(準優勝)】
2回戦 3-0 大分西高(大分)
3回戦 1-0 日章学園高(宮崎)
準々決勝 3-0 長崎総合科学大附高(長崎)
準決勝 1-0 矢板中央高(栃木)
決勝 0-1 前橋育英高(群馬)
【14年度 第93回(4強)】
1回戦 3-3(PK8-7)作陽高(岡山)
2回戦 1-1(PK5-3)矢板中央高(栃木)
3回戦 1-0 水橋高(富山)
準々決勝 3-0 立正大淞南高(島根)
準決勝 1-1(PK4-5)前橋育英高(群馬)
【10年度 第89回(4強)】
2回戦 2-0 明徳義塾高(高知)
3回戦 1-1(PK3-1)前橋育英高(群馬)
準々決勝 2-1 山梨学院高(山梨)
準決勝 2-2(PK2-3)久御山高(京都)
【07年度 第86回(優勝)】
2回戦 2-1 久御山高(京都)
3回戦 2-0 北越高(新潟)
準々決勝 0-0(PK4-2)東福岡高(福岡)
準決勝 6-0 津工高(三重)
決勝 4-0 藤枝東高(静岡)
【05年度 第84回(2回戦敗退)】
2回戦 1-2 多々良学園高(山口)

■登録メンバーリスト
1 GK 松原颯汰(1年)
2 DF 入江諭(3年)
3 DF 須永竜生(3年)
4 DF 西尾颯大(3年)
5 DF 関川郁万(3年)
6 MF 中井颯人(3年)
7 FW 森山一斗(1年)
8 MF 北島直樹(3年)
9 MF 岡本竜(3年)
10 MF 熊澤和希(3年)
11 MF 芹田悠真(3年)
12 DF 有泉克哉(3年)
13 MF 河村淳司(3年)
14 FW 左部開斗(3年)
15 MF 木村聖(2年)
16 DF 清宮優希(1年)
17 GK 猪瀬康介(3年)
18 MF 八木滉史(2年)
19 MF 古谷優斗(2年)
20 MF 藤井海和(1年)
21 MF 渡会武蔵(2年)
22 MF 羽坂豪(2年)
23 MF 間洋登(3年)
24 MF 米倉貫太(3年)
25 GK 中村篤史(3年)
26 MF 三好麟大(1年)
27 MF 町田福人(3年)
28 DF 横田大樹(3年)
29 MF 小山開世(2年)
30 MF 熊川大貴(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP