beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イスコ、アセンシオが2発ずつ! R・マドリー、格下相手に10-1で5回戦進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点を決めたレアル・マドリーMFイスコ(背番号22)

[12.6 コパ・デル・レイ4回戦第2戦 R・マドリー6-1メリリャ]

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)は6日、4回戦第2戦を各地で行い、レアル・マドリーはホームにメリリャ(3部)を迎えた。リーグ戦からは大きくメンバーを代えたが、6-1で大勝。2戦合計スコアを10-1とし、5回戦進出を決めた。

 格下相手のカップ戦ということで、控え組の若手主体で臨んだR・マドリー。今季のリーグ戦で先発機会のなかったDFヘスス・バジェホ、DFハビ・サンチェス、MFフェデリコ・バルベルデ、MFビニシウス・ジュニオールらがスタメンに名を連ねた。

 敵地での第1戦を4-0で終えたR・マドリーは、第2戦でもゴールラッシュ。立ち上がりこそやや苦戦したものの、前半33分、MFマルコ・アセンシオがカットインシュートで口火を切ると、直後の同35分にはビニシウスのアシストからアセンシオが押し込み、一気に2点を奪う。

 さらに前半39分、アセンシオの浮き球パスに対し、オフサイドギリギリで抜け出したJ・サンチェスが落ち着いてボレーシュートを決め、早くも合計スコアは7-0。そして後半も勢いを緩めることなく、3分にはMFイスコがゴール左上を絶妙に射抜くミドルシュートを決めた。

 R・マドリーはそれでも止まらず。後半20分、ビニシウスが力強い突破からゴール。メリリャは同36分にPKで1点を奪い、クラブ史上初のR・マドリー戦得点という快挙も成し遂げたが、R・マドリーは同38分にイスコがこの日2点目を決め、危なげなく5回戦突破を決めた。

●コパ・デル・レイ2018-19特集

TOP