beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUが監督交代後4連勝!ルカク&ラッシュフォード弾で新年白星スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加

全得点に絡んだマーカス・ラッシュフォード

[1.2 プレミアリーグ第21節 ニューカッスル0-2マンチェスター・U]

 プレミアリーグは2日、第21節を行った。マンチェスター・ユナイテッドは敵地でFW武藤嘉紀の所属するニューカッスルと対戦し、2-0で勝った。武藤は後半36分から出場している。

 前節ボーンマスに4-1で勝ち、オーレ・グンナー・スールシャール体制後3連勝を飾ったユナイテッド。先発を3人入れ替え、MFジェシー・リンガードとDFアシュリー・ヤング、DFエリック・バイリーに代えてDFフィル・ジョーンズとMFフアン・マタ、MFアントニオ・バレンシアを起用した。

 前半はニューカッスルにチャンスを与えてしまい、苦戦を強いられたユナイテッドだが、後半18分にFWロメル・ルカクとFWアレクシス・サンチェスを投入すると、直後に均衡を破る。19分、FWマーカス・ラッシュフォードのFKはGKマルティン・ドゥーブラフカに止められたが、弾いたボールをルカクが押し込み、先制に成功した。

 さらにユナイテッドは後半35分、自陣中央でボールを奪うとカウンター発動。ペナルティーアーク内でルカクのパスを受けたサンチェスが相手を引きつけてラッシュフォードにラストパスを送り、背番号10が冷静に右足で決めた。

 試合は2-0でユナイテッドが勝利。監督交代後、4連勝を飾った。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP