beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「僕も若い時にあった」福岡のキング城後、前半で交代の元青森山田ルーキー三國ケネディエブスに言及

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF三國ケネディエブスを思いやったFW城後寿

[4.7 J2第8節 横浜FC 1-1 福岡 ニッパツ]

 アビスパ福岡の“キング”もニッパツ三ツ沢球技場で確かな存在感を見せた。ボランチで先発したFW城後寿は2試合連続フル出場。試合は1-1の引き分けに終わったが、ピッチ内外でリーダーシップを発揮した。

 城後は前節の栃木戦(2-1)でインサイドハーフとしてスタメン起用され、後半から中盤の底にポジション変更。今節はスタートからボランチを任され、途中からアンカーも務めた。福岡の10番はどちらのポジションでもピンチの芽を潰しつつ、攻撃時には最終ラインに降りて組み立てに参加。コーチングも精力的に行い、自身が中心となってチームを動かした。

 指揮官からの要求に高いサッカーセンスで応え続ける城後は、ボランチに関して「ポジションは僕が決めることではないので、与えられたポジションで試合に出続けることが一番」とコメント。「とにかくチームのために自分ができることをしっかりやりたい」と、受け入れる姿勢を強調している。

 フォア・ザ・チームの精神はインタビュー中にも表れていた。この試合では、青森山田高から今季加入したセンターバックのDF三國ケネディエブスが前半のみで交代。最終ラインでのボールロストや自陣PA内でピンチを招くクリアミスなど、らしくないプレーが見られた期待のルーキーは、プロ入りから先発6試合目で初めて途中交代を命じられた。

 城後も「ケネディがちょっと調子が悪かった」と振り返り、「若いのでうまくいく時もあれば、なかなか自分の思い通りにいかないこともあるとは思いますけど、そういう時にやっぱりチームや仲間が助けてやるのが必要だと思います」と言及。「僕自身も若い時にたくさんのベテラン選手に助けてもらいながらプレーしてきた」と若手時代を回想し、「こういう時こそ、みんなでサポートしてあげられればなと思います」とフォローを約束した。

(取材・文 阿部哲也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第8節 スコア速報

TOP