beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トップから前日合流の福岡U-18MF吉村が存在感、「お手本」はアカデミーの先輩で日本代表の”若き砦”

このエントリーをはてなブックマークに追加

アビスパ福岡U-18のMF吉村銀河主将

[4.7 プレミアリーグWEST第1節 京都U-18 4-1 福岡U-18 ヤンマースタ]

 目指す姿はアカデミーの先輩で、日本代表のDF冨安健洋だ。アビスパ福岡U-18のMF吉村銀河主将(3年)は今年、シーズン開幕前からトップチームに帯同。プレミアリーグWEST開幕戦の前日にU-18チームに合流し、京都U-18戦で先発フル出場した。

 トップチームでは試合に絡むことができていないため、この京都U-18戦が約2か月ぶりとなる実戦だった。それでも、彼はトップチームに加わっている選手として、違いを生み出そうと奮闘。「自分の強みは最後まで走り切ることとフィジカル。トップでもフィジカルは通用するかなと思いました」というフィジカル面や身体を張る部分、ロングフィードなど攻守に渡って存在感のあるプレーをして見せた。

「(監督の)藤崎(義孝)さんからも、『それ(違いを出すこと)はオマエの責任だ』と言われていたので、出さないといけないと思っていました」と吉村。福岡は藤崎義孝監督が「いるだけで落ち着きができる」という吉村を中心に、先制点を叩き出したFW石井稜真(2年)や快足MF松田知己(3年)、MF渡辺海斗(3年)が個性を発揮していたほか、ボールを持つ時間を長くする部分やスピードのある攻撃などで今後への期待を抱かせた。

 だが、試合は先制しながらも前半の連続失点で1-2に。後半も30分頃までは京都を押し込んでいたものの、そこから連続失点を喫して1-4で敗れた。連続失点するのは昨年からの課題だっただけに、主将は「また連続で失点して自分たちの課題が丸々出た形で悔しいです」と悔しさを露わにしていた。

 今年の個人としての目標はトップ昇格とトップデビュー。U-18チームで試合に出場した際は、どの試合でも自分の力でチームを勝たせることを目指していく。「こうやって今トップの練習に行かせてもらっているので試合に出て、プレミアでも良い順位を出して、『アビスパは自分がいないとダメ』と言われるようになりたい」と力を込めた。

 将来、トップチームで活躍する選手、そして海外で通用する選手を目指す吉村の「お手本」は福岡の先輩・冨安だ。中学時代に指導を受けた宮原裕司氏(現G大阪U-23コーチ)から「アイツの背中を見ろ」と言われてきた。宮原氏はU-18チームで高校時代の冨安を指導していた人物。ボランチから主戦場をCBに移している冨安だが、吉村が背中を追うプレーヤーであることに変わりはない。これから経験を積みながら高いレベルでも力を発揮する選手になって、冨安に続く存在となる。
 
(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

TOP