beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮、数的優位いかせず痛恨ドロー「引き分け狙いの意図を感じた。そこを崩すのは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮はホームで痛恨ドロー

[5.18 J2第14節 大宮0-0栃木 NACK]

 J2リーグは18日、第14節を行った。NACK5スタジアム大宮では大宮アルディージャ栃木SCが対戦。大宮が数的優位に立ったが、最後まで1点が遠く、スコアレスドローに終わった。

 前半は大宮のペースで試合は進んだ。前半10分、PA右でショートコーナーからパスを受けたFW大前元紀が反転からクロスを供給。DF山越康平が打点の高いヘディングシュートを放つが、クロスバー上に外れてしまう。37分には、右サイドを抜け出したDF奥井諒が中央に折り返し、ペナルティーアーク内から大前が右足を振り抜く。低い弾道の鋭いシュートだったが、わずかにゴール左へ逸れた。

 後半も大宮が主導権を握る中、10分に裏へ抜け出そうしたFWフアンマ・デルガドが後方からDF藤原広太朗に倒され、藤原にレッドカードが提示された。数的優位に立った大宮は、15分に後方からのロングパスを大前が相手を背負いながら右足で合わせる。しかし、わずかにゴール右に外れ、先制点とはならない。

 1人少ない栃木は引いて守る時間が長くなり、後半21分にMF寺田紳一を下げてMFヘニキを投入。さらに25分にはMF西谷優希をDF菅和範に代え、守備を整えた。一方の大宮はMF小島幹敏、FWロビン・シモヴィッチ、MFダヴィッド・バブンスキーをピッチに送り込むが、栃木の守備をなかなか崩し切れない。終了間際には左CKの流れから立て続けにシュートを放つが、GKユ・ヒョンに防がれた。

 試合はスコアレスドローで終了。試合後のフラッシュインタビューで大宮のMF大山啓輔は「立ち上がりからチャンスは数多く作っていた。そこで決めきれなかった。相手が1人少なくなって、やることがハッキリしたと思うので、そこからのゲーム展開の難しさにつながった。やっていても引き分け狙いの意図を感じた。守り切ればいいというやり方だったと思うので、そこを崩すのは、攻撃も単調となってしまったし、もっと工夫が必要だった」と、落胆の色を隠せなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第14節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP