beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日体大柏が市船を撃破!全国出場かけて流経大柏との決勝へ:千葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
 15日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の千葉県予選準決勝が行われた。

 今大会から出場枠が『1』となった千葉。7年連続出場を目指す市立船橋高日体大柏高と対戦し、後半10分にFW佐藤大斗(3年)に先制点を決められ、0-1で敗れた。もう1試合の流通経済大柏高中央学院高は、昨年度高校サッカー選手権準優勝校の流経大柏が3-0で勝った。

 なお、決勝は今月19日に東総運動場で行われ、午後1時キックオフを予定している。

[決勝](6月19日)
日体大柏高 13:00 流通経済大柏高

[準決勝](6月15日)
市立船橋高 0-1 日体大柏高
中央学院高 0-3 流通経済大柏高

[準々決勝](6月9日)
市立船橋高 5-0 木更津総合高
敬愛学園高 0-3 日体大柏高
中央学院高 1-0 暁星国際高
八千代高 2-2(PK2-4)流通経済大柏高


●【特設】高校総体2019

TOP