beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

世界最高CBは誰だ!? 英メディアがベスト10選出、レアルとトッテナムから最多2名

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最高峰のCBがズラリ

 英『フォー・フォー・トゥー』が「世界最高のセンターバックベスト10」を発表している。

 センターバックは、フィールドプレイヤーの中で最も後方にポジションを取り、ゴールの前に立ちはだかる“最後の砦”。守備だけでなく、近年では高いパス能力など多くのことが求められている。

 そこで『フォー・フォー・トゥー』は、世界で活躍するセンターバックでランキングを作成。栄えある1位に輝いたのはリバプールに所属するオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイク(28)だ。同メディアは「リバプールの守備を劇的に変えた」と高く評価。昨季ドリブル阻止率100%という大記録を達成し、リバプールをUEFAチャンピオンズリーグ制覇に導くなど、バロンドール受賞も期待されている。

 2位には、フランス代表としてワールドカップ優勝に大きく貢献したレアル・マドリーのDFラファエル・バラン(26)を選出。3位には、強豪クラブが獲得を狙うナポリセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(28)が入っている。そのほか、ベスト10に選出された選手は以下の通り。レアルとトッテナムから最多2名がランクインしている。

1位:フィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)
2位:ラファエル・バラン(R・マドリー)
3位:カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
4位:セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
5位:アイメリック・ラポルト(マンチェスター・C)
6位:ジェラール・ピケ(バルセロナ)
7位:ディエゴ・ゴディン(インテル)
8位:ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
9位:ヤン・フェルトンヘン(トッテナム)
10位:トビー・アルデルワイレルト(トッテナム)

●セリエA2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集

TOP