beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:専修大北上高(岩手)

このエントリーをはてなブックマークに追加

専修大北上高はインターハイに続き、選手権も全国初出場

第98回全国高校サッカー選手権

専修大北上高(岩手)

専修大北上高関連ニュース


専修大北上高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 vs.龍谷高(佐賀)
■出場回数
初出場
■過去の最高成績
-
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場1回
■監督
小原昭弘
■主将
MF阿部柊斗(3年)
■今季成績
[総体](全国2回戦敗退)
県決勝 1-0 盛岡商高
全国1回戦 3-2 大社高(島根)
全国2回戦 1-1(PK3-4)京都橘高(京都)
[リーグ戦]
岩手県1部リーグ優勝(12勝2敗)
[新人戦](県4強、18年11月)
県準決勝 0-0(PK1-3)盛岡商高

■予選成績
3回戦 4-0 盛岡北高
準々決勝 2-1 花巻東高
準決勝 4-1 不来方高
決勝 3-1盛岡商高
■都道府県予選準決勝布陣図&決勝メモ
[4-4-2]
   千田舜   菅原新
菊地竜空       阿部耀仁
   鎌田悠生 阿部柊斗
瀬川聖也       那須永翔
   岩渕蓮也 吉田陽輝
      高橋諒朋

[決勝メモ]
 選手権日本一の歴史も持つ盛岡商高と決勝で対戦。序盤は盛岡商が押し込むが、専修大北上は前半15分、MF阿部耀仁(2年)が右ロングスロー。バウンドしてゴール前に流れたところを初先発のFW岡本崇凱(3年)が頭で押し込んで先制した。専大北上は38分にもMF阿部柊斗(3年)からスルーパスを受けた岡本がPKを獲得。これを岡本が自ら決めて2-0と突き放した。後半10分には左SB瀬川聖也(3年)の折り返しを交代出場FW千田舜(3年)が右足で決めて3点目。盛岡商も29分にPKのこぼれ球をMF佐々木彩斗(3年)が押し込んで1点を返したが、専大北上が3-1で勝ち、選手権初出場を決めた。


■予選取材記者(小林健志氏)チーム紹介
岩手の歴史変えた。夏冬連続全国初出場
 インターハイに続き、初の選手権全国大会出場を果たした専修大北上。丁寧なビルドアップで決定機をつくり出すのが持ち味で、インターハイでは大社高(島根)に勝利し、同大会で4強入りした京都橘高(京都)相手にもボールを保持した戦いを見せることができた。主将のMF阿部柊斗(3年)のゲームメイクは絶妙。MF阿部耀仁(2年)、MF菊地竜空(3年)のサイドアタックも脅威。ボールキープが持ち味のFW菅原新(3年)と突破力が魅力のFW千田舜(3年)のコンビネーションも非常に良い。DF岩渕蓮也(2年)は守備の安定感に加え、フィードの精度も高く、攻撃の起点となる。足下の技術に優れた攻撃陣を揃え、インターハイに続き選手権でも全国での1勝を目指す。

編集部+α
 3度目の決勝進出で初の選手権出場を果たした。初めて決勝進出した12年度大会は盛岡中央高にPK戦で惜敗。遠野高と対戦した16年度大会決勝では2点リードをしながらも後半に5失点して逆転負けした。だが、今回は夏に続き、決勝で小原昭弘監督の母校でもある盛岡商高を破って全国初出場。“3度目の正直”で悲願を達成したと同時に、岩手の高校サッカーの歴史を変える1年としている。なお、女子サッカー部も4年連続での高校女子選手権出場決定。男女アベック出場を果たしている。
■予選取材記者(小林健志氏)注目選手
初出場校の精神的支柱
MF阿部柊斗(3年)
「精度の高いパスで決定機を演出するボランチ。守備でもハードワークするチームの精神的支柱」

ザ・エース
FW菅原新(3年)
「ボールキープに長け、ゴールやアシストで常にチームに貢献できるエースストライカー」

ドリブルとゴールへの嗅覚注目
MF菊地竜空(3年)
「独特のリズムのドリブルで決定機をつくる。ゴールへの嗅覚も備える」

■過去の全国大会成績
-

■登録メンバーリスト
-
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP