beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

エイバルに珍事、アトレティコ相手に武藤の“お膳立て”から守護神が先制弾!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点につながるPKを獲得したFW武藤嘉紀

[1.21 ラ・リーガ第19節 エイバル 1-2 A・マドリー]

 21日に開催されたラ・リーガ第19節のエイバルアトレティコ・マドリーで珍しいゴールが生まれた。

 ホームにアトレティコを迎えたエイバルは前半9分、ロングボールに走り込んだFW武藤嘉紀がPA内右でMFヤニック・フェレイラ・カラスコに倒され、PKを獲得する。

 ここでPKキッカーを務めたのはGKマルコ・ドミトロビッチ。止められればカウンターから大ピンチになりかねない場面だったが、エイバル守護神は前半12分にGKヤン・オブラクの逆を突き、左足でゴール左に突き刺した。

 ドミトロビッチはこれがプロキャリア初得点。首位アトレティコを相手に先制したエイバルだったが、前半40分と後半44分にFWルイス・スアレスからゴールを奪われ、1-2の逆転負けとなった。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP