beacon

アーセナルで欠場続く冨安健洋は選外…CLでベンチ入りも森保監督「ケガのリスクを考えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

CLのポルト戦でベンチ入りしたDF冨安健洋

 ベスト8に終わったアジアカップ後、所属クラブで欠場が続いていたDF冨安健洋(アーセナル)は招集されなかった。今月12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦のポルト戦でアジアカップ後初めてベンチ入りしたが、出番はなし。日本代表森保一監督は「まだプレーしていない、試合に出場していないというのが大きな理由」と、招集見送りの理由を説明した。

「彼が確実にリカバリーして、試合に出場できる状態であることは確認している。そういった意味では、招集してプレーしてもらうことは可能だったかもしれないが、まだプレーしていないということで決めた。そこはプレイヤーズファーストで考えないといけない」

 21日にホーム、26日にアウェーで対戦する北朝鮮との2連戦は「間違いなく、激しく厳しい試合になる」ことが予想される。しかも敵地・平壌の金日成スタジアムは人工芝のピッチ。「ケガのリスクということを考え、どれだけのプレーができるかも確認できていないので招集しないことにした」と、ケガのリスクも高まる環境を考慮し、選外となった。

 冨安はアジアカップでグループリーグ第2戦のイラク戦に後半開始から途中出場し、その後は準々決勝のイラン戦まで3試合連続で先発出場。「イラン戦で違和感があり、その後、ケガということでプレーできなくなった。まずは本人のために、そして本人が所属するクラブのために同じようなことが繰り返されないようにという思いで」招集を見送った森保監督は「本人がしっかりしたパフォーマンスをアーセナル、プレミアの舞台で見せてくれれば、自然と代表チームの戦力になるということを考えて招集しなかった」と、優勝争いも佳境を迎えるシーズン終盤に所属チームに専念してもらう選択に至った。

(取材・文 西山紘平)

●北中米W杯アジア2次予選特集
西山紘平
Text by 西山紘平

「ゲキサカ」ショート動画

TOP