beacon

岡山は10番MF田中雄大の後半AT弾で2連勝&開幕無敗! 藤枝は3連敗で今季初白星ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.16 J2第4節 藤枝 0-1 岡山 藤枝サ]

 J2リーグは16日、第4節を開催した。ファジアーノ岡山は敵地で藤枝MYFCに1-0で勝利した。

 開幕から勝利とゴールのない(1分1敗)の藤枝と、ここまで2勝1分で無敗の岡山の一戦。藤枝は今季初白星を、岡山は2連勝を目指して対戦した。

 試合は立ち上がりから一進一退の攻防となった。岡山は前半3分、左サイドから攻撃を仕掛けると、MF末吉塁が切り込んでゴール前にラストパス。ニアサイドでMF木村太哉が押し込もうとしたが、ここはGK内山圭に阻まれた。

 岡山は前半21分にFWグレイソンがディフェンスラインの背後に抜け出して内山と一対一を迎えるも、シュートはミートできず。同22分にはMF岩渕弘人がペナルティエリア外から狙ったが、こちらはゴール左に逸れた。藤枝もMF中川風希とMF西矢健人が遠めからシュートを放ったが、枠を捉えることができない。試合はスコアレスのまま前半を折り返した。

 後半も均衡状態が続くと、両チーム無得点のまま試合は終盤へ。藤枝は同34分、右サイドで得たフリーキックをMF梶川諒太が左足で入れると、GKスベンド・ブローダーセンの手前で落ちて難しいボールに。弾いたところをDF中川創が詰めようとしたが、ここはブローダーセンのセーブに遭った。

 岡山は後半35分にFWルカオがゴール前まで持ち込むも、シュートは相手選手がブロック。それでも岡山は後半アディショナルタイム2分、10番のMF田中雄大がペナルティエリア手前から強引に右足を振り抜いてゴール右に決めた。岡山はこの先制点を守り抜いて、1-0で勝利。2連勝を飾った。藤枝は3連敗となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2024シーズンJリーグ特集

データ提供:Opta
※大会の公式記録と異なる場合があります
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP